インターネット – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > インターネット

金沢工業大学BUS Stopプロジェクト(学生48名)が10月28日(土)に野々市市内で、小学3年生から6年生を対象とした「親子向けIoT体験&キーワードラリー」を開催。見守り機能や情報発信機能を加えた「賢いバス停」の実証実験を行います。

金沢工業大学



「親子向けIoT体験」では、「おすすめの情報を教えてくれるバス停」や「危険な場所を教えてくれるリストバンド」など、IoTの技術を親子で体験します。「キーワードラリー」では、BUS Stopプロジェクトが産官学連携で開発を進めてきた「賢いバス停」の実証実験を行います。既定のルートに設置された「賢いバス停」を小学生がめぐり、キーワードを集めます。保護者は貸出用スマートフォンを用い、お子さんが「賢いバス停」を通過した記録を問い合わせることで、見守り機能の効果を体験します。




 この実証実験は、総務省の「平成28年度 IoTサービス創出支援事業」に選定された「地域を網羅する賢いバス停による見守りサービス事業の創出と展開」(実施者:NECソリューションイノベータ株式会社、野々市市、金沢工業大学、ヨシダ宣伝株式会社)の一環として行います。

 IoTはInternet of Thingsの略で、「モノのインターネット」と訳されます。「自動車、家電、ロボット、施設などあらゆるモノがインターネットにつながり、情報のやり取りをすることで、モノのデータ化やそれに基づく自動化等が進展し、新たな付加価値を生み出すもの」といわれています。

*IoTに関する説明は以下の総務省のwebサイトより引用
 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc254110.html

親子向けIoT体験&キーワードラリー

集合場所:野々市市役所(石川県野々市市三納一丁目1番地)
参加料:無料
募集人数:
 午前の部(9時30分から11時30分まで)10組
 午後の部(13時30分から15時30分まで)10組
*親子ペアの2名でご参加ください
参加資格:小学3年生~6年生
*雨天の場合、11月4日(土)に延期します。

●申し込み方法
 メール、ホームページのいずれかに
(1)住所、(2)参加者全員の氏名および年齢、(3)連絡先電話番号、(4)希望の部をご記入の上、以下の申込先に記載された金沢工業大学 Bus Stop プロジェクトまでお申し込み下さい。
 記載内容を元に傷害保険加入の手続きをしますので、正確にご記入ください。
●申し込み先
 Eメール kitbusstop@gmail.com
 ホームページ http://sodeproject.com/busstop/events
申込締切:10月17日(火)午後5時(必着)。応募多数の場合は先着順とさせていただきます。

「賢いバス停」について
 BUS StopプロジェクトはICT技術を活用した安心、安全なまちづくりを目指して2015年から活動しています。バス停をICT技術で「賢いバス停」にし、バスの時刻表や乗換案内を音声や画面で伝えるばかりでなく、子供の見守りも行う提案は、2015年12月に行われた「G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール」(主催:総務省北陸総合通信局等)でグランプリを獲得しています。
*詳細はこちらをご覧ください→ http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2015/20151201_bus.html

 この学生たちのアイデアがベースとなり、先端的なIoT技術を使って、賢いバス停による見守りサービスを産官学で創出しようとしたのが総務省の「平成28年度 IoTサービス創出支援事業」に選定された「地域を網羅する賢いバス停による見守りサービス事業の創出と展開」です。実証事業では、将来的にIoTによる見守りが広く浸透することをめざし、野々市市を実証フィールドとして、「賢いバス停」の見守り機能について検証します。

 今回実証実験を行う「賢いバス停」は、2017年4月より開発を始めました。開発された「バス停」にはカメラを設置しており、バス停前を通る人の顔や服装の特徴は、バス停ごとに異なる方式で数値にリアルタイムに変換、暗号化され、独自の省電力無線通信ネットワークでサーバーに送信されます。画像はどこにも残らず、バス停ごとに異なった方式で数値化されるため、個人情報保護の観点からも安心です。数値化された人物の特徴を、スマートフォンを用い、インターネットでデータベースへ問い合わせることで、見守る人だけが見守り対象の移動情報を確認することができます。

 近年はIoTの技術が進展し、児童にスマートフォンやICタグ、交通系カードなどを持たせて見守りを行うサービスが展開されていますが、携帯し忘れた場合や落としてしまった場合には対応できません。その点、街の随所にあるバス停を「賢く」することで、見守り対象にICタグ等を持たせることなく、移動情報を確認することが可能です。

 このたびの実証実験では、実際のコミュニティバスのバス停約20ヶ所を「賢いバス停」にし、キーワードラリーを行う児童の人物特徴を数値化し、保護者がスマートフォンで移動情報を問い合わせすることができるのかを検証します。

 今後、BUS Stopプロジェクトでは実証実験を数回行い、2018年2月末までに有効性を検証したい考えです。「賢いバス停」による見守りサービスは、児童の登校・下校時の経路と現状の通学路との分析から新たな通学経路の検討やゾーン30(速度制限 30キロメートル毎時)や横断歩道といった都市計画策定に活用でき、安全安心のまちづくりと住みやすさの向上に寄与できるものと期待されています。また、将来的には高齢者の見守り事業にも展開が可能です。

▼本件に関する問い合わせ先
広報課
住所:石川県野々市市扇が丘7-1
TEL:076-246-4784
FAX:076-248-7318
メール:koho@kanazawa-it.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • インバウンド情報を手がける株式会社やまとごころ...
  • マクロミルは都内タクシーの初乗り運賃値下げに関...
  • コンビニ大手のファミリーマートでは、書店と一体...
  • Gターボ “SAⅢ”「レジャーエディション “SAⅢ”」(2W...
  • 1989年にデビューした、マツダのNA系・初代ローロ...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.