インターネット – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > インターネット

電磁波・無線給電で超小型ウエアラブルデバイスの駆動に成功~光るつけまつげで実証~立命館大学

立命館大学



立命館大学 道関隆国(理工学部・教授)は、ウエアラブルデバイス用の無線送電手法として、受電機との距離に応じて送電電力を制御する電力制御付き送電機を開発しました。また、株式会社資生堂との共同研究により、レクテナ、LED、光ファイバーを一体化した超小型受電機をつけまつげをデバイスに取り付け、電池や配線なしで1.5m離れた場所から点灯させることを実証しました。




 このほど開発した送電機は、超音波を用いた距離センサーによって人体との距離を計測することで、CPUで距離に応じて送電電力を制御することができます。このことで、人体と送電機間の距離が変動しても、国の定める防御指針以下に制御した電解強度の電磁波を放射することができ、デバイスへの電力供給を可能としました。また、受電機には直径1mm、長さ30mmの発光型光ファイバーにレクテナ(アンテナ、整合回路、および、整流回路)とLEDを組込んだ一体型の受電機を用い、これをつけまつげに取り付けることで、超小型ウエアラブルデバイス「光るつけまつげ」を実現しました。

 ウエアラブル機器を数m先の近距離から電磁波で無線給電できれば、その電磁波環境下では、電池切れの心配なくウエアラブル機器を常時使用することが可能となります。これまで、ウエアラブル機器を近接させ、コイルやコンデンサによる磁界や電界変化で機器の2次電池を充電する近接型の無線給電システムは実現されてきましたが、電磁波で近距離から機器に給電し直接駆動する手法は、まだ実用化されていません。電磁波によって遠方から無線給電を行う場合には送電電力を大きくする必要があります。一方で、ウエアラブル機器を装着した人体は移動するため、送電機側に近づくと、その電界強度が人体の電磁波に対する防御指針で示された61.4 V/mを超えてしまう問題がありました。また、受電機側では、ウエアラブルデバイスが小さくなればなるほど、レクテナサイズの小型化が必須となります。
 実験では、1.5m離れた場所から電力10Wの送電によって、つけまつげに取り付けたデバイス内のLEDが電池や配線がない状態で点灯することを確認しました。また、送電機と受電機の距離を変化させてもLEDの輝度が変化しないことを確認しました。

 本研究成果は2017年10月に英国・スコットランド、グラスゴーで開催された国際会議IEEE SENSORS 2017で発表されました。
 この成果を受け、今後は超小型ウエアラブルデバイス「光るつけまつげ」が化粧とリンクしたファッションとして広がるよう完成度を上げていきます。また、つけまつげ以外のウエアラブルデバイスに展開することが期待されます。

▼本件に関する問い合わせ先
立命館大学広報課
池田
TEL:075-813-8300


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 昨年10月世界最大の浮体式洋上風力発電所が、スコ...
  • 日本能率協会が2018年度の新入社員を対象に意識調...
  • 人材サービスのサイコム・ブレインズが女性活躍に...
  • 日本国内の2017年度の仮想通貨の取引額は69兆円で...
  • 建築業界では3Dプリンターを主に建築模型に利用し...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.