インターネット – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > インターネット

「SAS(R) Customer Intelligence 360」コープネット事業連合のパーソナライゼーションをサポート

SAS Institute Japan株式会社

~360度の顧客ビューを確立し、デジタル・チャネルにおけるカスタマー・エクスペリエンスを向上~


アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:堀田徹哉、以下 SAS)は、生活協同組合連合会コープネット事業連合(本社:埼玉県さいたま市南区、理事長:赤松 光、以下 コープネット )が、カスタマー・エクスペリエンスの向上のためにデジタルマーケティング・ソリューション「SAS(R) Customer Intelligence 360」を導入したことを発表しました。

コープネットは、「食卓を笑顔に、地域を豊かに、誰からも頼られる生協へ」のビジョンに基づき、食とくらしに関するサービスを提供する、1都7県の生協とその事業連合で構成されるグループです。食の安全と安心を第一に、コープデリ宅配事業と店舗事業を通して食卓に笑顔を届け、組合員のくらしに貢献しています。

コープネットでは、コープデリeフレンズを中心とするデジタル・チャネルを通して、食品や商品の販売を行っています。単に「商品」を届けるだけにとどまらず、ヘルシーなレシピの提案や組合員のライフスタイルに合ったお得なクーポンの提供など、組合員の食とくらしの「体験」を豊かにする様々な施策を実施してきました。これからは、組合員のライフスタイルや購買行動の理解を一層深めることで、組合員に合った情報やパーソナルな体験を提供し、カスタマー・エクスペリエンスの向上を目指していきます。

コープネットでは既にSASの顧客分析とマーケティング・オートメーションを導入し、組合員のライフスタイルを理解し、パーソナルなコミュニケーションを効率的に実行する仕組みを構築してきました。この度、SAS Customer Intelligence 360を新たに追加することで、リアル・チャネルだけでなく、デジタル・チャネルにおけるカスタマー・エクスペリエンスの向上を目指します。

デジタル・チャネル強化のための初期トライアルとして、SAS Customer Intelligence 360をPCおよびスマートフォン向けウェブサイトに導入し、新規入会組合員向けのキャンペーンを実施しました。このキャンペーンの目的は、入会直後の組合員に対し、コープネットの商品の魅力を訴求することです。SAS Customer Intelligence 360により、ウェブサイト上で新規組合員を特定し、組合員に合った商品プレゼントのポップアップを表示し、キャンペーン申込ページに誘導した結果、新規組合員のキャンペーン参加者を増加させることに成功しました。

コープネット 常務理事 宅配・EC事業本部長 太田俊也氏は、「スマートフォンやウェブを利用している組合員に対して、デジタル・チャネルのサービスを改善し、カスタマー・エクスペリエンスを向上させていく必要があります。加えて、デジタル・チャネルを利用した新規獲得などのマーケティング施策の重要性も高まっています。これらの施策を高度化し、同時にデジタル・チャネルにシフトすることで施策実施コストを削減していく必要があります。このために、今後もSASを活用していきたいと考えています」と述べています。

SAS Customer Intelligence 360は、マーケティングに関する意思決定を、かつてない高度なカスタマー・インサイトにもとづいて実行する、デジタル・マーケティング・ハブです。個々の顧客のデジタルデータを従来のデータソースと統合し、顧客に関する360度のビューを確立、予測マーケティング分析機能により、より深い顧客理解を醸成します。インバウンドやアウトバウンドのチャネルを横断して、それぞれの顧客のカスタマー・ジャーニーに合わせて、訴求効果の高いカスタマー・エクスペリエンスを実現します。

SAS Customer Intelligence 360の詳細については、こちらをご覧下さい:
http://www.sas.com/ja_jp/software/customer-intelligence/360.html

<SAS Institute Inc.について>
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、80,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。


記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 最近の新車種に搭載されている予防安全装置は自動...
  • 有機EL事業を展開中のJOLEDが、4月より有機ELパネ...
  • MM総研の発表によれば、日本企業が人工知能(AI)...
  • コニカミノルタがパナソニックメディカルソシュー...
  • CCCが写真専門チェーンのキタムラの株主シェア29.6...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.