インターネット – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > インターネット

日本TCS、AIを搭載したIT運用ソリューション「ignio」を展開

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社

TOKYO | MUMBAI、2017年9月14日:タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)は本日、IT運用のコグニティブ・オートメーション・ソリューション「ignio(TM)(イグニオ)」を日本で展開することを発表しました。

ignioはアプリケーションやITインフラに関する知識をあらかじめ備えており、導入直後から周囲のビジネス環境を理解し、迅速かつ最適な判断を行うことを可能にします。IT運用状況が明瞭になることで、企業はこれまでより迅速かつ正確に問題を予測し防ぐことができるようになるほか、業務効率も大幅に向上するため、より機動的で強固な、生産性の高い組織を築くことが可能になります。

通常、システム障害が起こると、その対応には多大なリソースが費やされます。ときには複数の部門を巻き込んで根本原因の特定や解決案の検討が行われます。これには数時間から事態によっては数日を要する場合があります。しかし、ignioであれば数分のうちに根本原因を特定し、さらには自律的に問題を解決することが可能です。

TCSソフトウエア製品のグローバルセールス ヘッドのAkhilesh Tripathiは次のように述べています。
「日本でも新たなデジタル経済に対応すべく、多くの企業がAIなどを活用した変革に乗り出していますが、世界的にみてもAI製品の多くは長い学習時間を必要とします。そこでignioにはアプリケーションやITインフラの知識をあらかじめ搭載し、6週間未満という短期間で効果を発揮できるようにしました」

また、日本TCS ITインフラストラクチャサービス ヘッドの関野則和は次のように述べています。
「ignioは大規模にITを運用する企業に迅速かつ明確な効果をもたらすソリューションであり、AIを活用した運用業務は、今後、日本市場に大きな影響を与えると考えます。三菱商事株式会社様との初めての効果検証では有望な結果が得られ、こうした確信を深めています。さらに、ignioはSAP ERPとのインテグレーション認定を取得しており、これも日本でのignio導入拡大の大きな弾みになると期待しています」

三菱商事株式会社のIT企画部長 樋口毅様は、ignioの導入効果を確認された感想を次のように述べていらっしゃいます。
「ignioのトライアル効果はすぐに表れ、その結果にたいへん満足しています。トライアル領域において、インシデントの復旧時間が30%短縮されたほか、インシデント対応作業量が半分になり、ヒューマンエラーもほぼゼロになりました。今後、本格適用することでIT投資の最適化が期待できると考えます。ITシステムが安定することで、IT運用の作業効率の向上や作業ミスの削減が見込まれるのみならず、ビジネス上の価値向上にも寄与すると考えます」

2015年6月の提供開始以降、ignioは「フォーチュン500」に格付けされたさまざまな企業において1,000,000以上のITリソースの洗練された運用に貢献しています。この度、日本国内でも技術者や体制が整ったことから、日本のお客様にも提供を開始することとなりました。

【ignioについて】
ignioは、企業向けのコグニティブ・オートメーション・ソリューションです。種類の異なる、しかし、相互に接続しているアプリケーションやそれを支えるIT環境を結び付けることで、スマートな決定を促し自律的にアクションを実行します。
ignioの詳細については、http://www.digitate.com をご覧ください。

ignioは環境の「学習」、問題の「解決」、障害の「予防」という3つのコア機能を備えた包括的なソリューションです。

学習:ユーザー企業のビジネスの流れを全方位的に把握し、IT環境全体の通常の動きを学習して、より良い判断をするのに役立つインサイトを提供します。

解決:ひとたび状況を学習すると、ignioはITインシデントを素早く特定し、数分以内に解決できるようになります。IT担当者は常に障害に警戒する必要がなくなり、より重要な戦略的取り組みに集中できます。
また、IT担当者は、ignioによって自律的なオートメーションワークフローを作成し、従来は長時間かけて行っていた作業を単純化することもできます。

予防:ignioには予測エンジンが搭載されており、これを使って将来の状態をシミュレーションし、どのような変更を加える必要があるかをあらかじめ把握できます。また、今後起こりうる障害について、その発生前にIT担当者に通知します。

【タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)について】
タタコンサルタンシーサービシズは、世界の企業を顧客として革新的かつ業界最高水準のIT サービス、コンサルティング、およびビジネスソリューションを提供する企業です。TCS はコンサルティングを基盤とし、IT、BPS、インフラストラクチャ、エンジニアリング、およびアシュアランスサービスを総合的に展開しています。これらは卓越したソフトウェア開発の基準として認識されている、TCS 独自のグローバル・ネットワーク・デリバリー・モデル(Global Network Delivery Model(TM))を通じ、提供されています。TCS は世界有数のコングロマリット(複合企業体)であるタタグループに属し、385,000人を超える最高のトレーニングを受けた人材を世界46 カ国に展開しています。2017 年3 月31 日を末日とする会計年度の売上高は176 億米ドルに達し、インドナショナル証券取引所とボンベイ証券取引所にも上場しています。
TCS の詳細については http://www.tcs.com/jp をご覧ください。



関連リンク
Digitate: Artificial Intelligence for Enterprises
http://www.digitate.com

記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 8年ぶりにフルモデルチェンジし、新型プレミアムミ...
  • 本日ユニセフ(国連児童基金)は貧困状態にある子...
  • 1986年の男女雇用機会均等法施行以来、仕事と育児...
  • ICT総研では、動画を再生する際の品質・通信速度を...
  • テレワークにより、情報通信機器等を活用して在宅...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.