モバイル – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > モバイル

コンパクトサイズながら圧倒的な迫力と臨場感のあるサウンドを実現。コンパクトTVスピーカー「BOOST TV」にホワイトが新登場!

ハーマンインターナショナル株式会社

コンパクトサイズながら圧倒的な迫力と臨場感のあるサ


[画像1: http://prtimes.jp/i/12767/52/resize/d12767-52-228692-2.jpg ]

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:仲井一雄)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、コンパクトTVスピーカー「BOOST TV」の新色・ホワイトを、2月下旬より発売します。

今回発売するのは、コンパクトTVスピーカー「BOOST TV(ブースト ティーヴィー)」の新色で、インテリアに溶け込みやすく爽やかで明るい印象を与えるカラー「ホワイト」です。世界中の映画館やコンサートホールで活躍するJBLの音響テクノロジーが注ぎ込まれた本製品は、低音を増強するベースポートに加え、独自の「HARMAN Display Surround」モードの搭載により、圧倒的な迫力と臨場感のあるサウンドを実現しました。コンパクトな本体は、TVの前にすっきりと設置でき、また、TVとの接続は付属のケーブルとつなぐだけなので、お手軽に本格的なサウンドを楽しむことができます。加えて、Bluetooth接続にも対応しているため、様々なデバイスから音楽を簡単にワイヤレス再生でき、リビング用スピーカーとしてもご活用いただけます。
BOOST TVは、TV音声から音楽再生に簡単に切り換えられる「JBLサウンドシフト」機能や、TV用リモコンで「BOOST TV」の操作が可能となる「リモコン学習」機能を搭載しており、ご自宅での映像・音楽視聴をより快適にします。また、「JBLコネクト」機能の搭載により、本機能を搭載したもう1台と同時にワイヤレス接続することができ、大音量かつパワフルなサウンドを実現。さらに、デバイスを3 台まで同時にBluetooth接続し交互に音楽再生することができる「ソーシャルモード」機能を使えば、各デバイスから簡単に音楽の切り替えができ、家族や友人とのホームパーティなどでも活躍します。お部屋の雰囲気やインテリアに合わせたお好みのカラーで、「BOOST TV」の迫力と臨場感のあるサウンドをお楽しみください。
[画像2: http://prtimes.jp/i/12767/52/resize/d12767-52-103954-1.jpg ]



【特長】
■従来のラインアップ(ブラック)に加え、新たにホワイトを追加。
現在発売されている「ブラック」に加え、インテリアに溶け込みやすく爽やかで明るい印象を与える「ホワイト」をラインアップ。お部屋の雰囲気やインテリアに合わせたお好みのカラーをお選びいただけます。



[画像3: http://prtimes.jp/i/12767/52/resize/d12767-52-879644-3.jpg ]

■臨場感と迫力あるサウンドを生み出す、独自の 「HARMAN Display Surround」を搭載。
コンパクトサイズながら低音を増強するベースポート2基に加え、「HARMAN Display Surround」モードの搭載により、圧倒的な迫力と臨場感を実現。JBLのサウンドクオリティを、リビングやプライベートルームでお楽しみいただけます。

■コンパクトですっきりと設置、ケーブル・Bluetoothで簡単接続。

幅37.6cm、高さ8.4cm、奥行12.2cmの置き場に困らないコンパクトサイズで、リビングやプライベートルームにあるTVの前にすっきりと設置できます。
また、TVとの接続は付属の光デジタルケーブル、アナログケーブルでつなぐだけなので、面倒な設定も不要です。さらに、Bluetoothに対応しているので、スマートホン、PC、タブレットなどの対応デバイスを使って、リビング用スピーカーとしてもパワフルなJBLサウンドを楽しめます。

■ご自宅で映像・音楽視聴をより快適にする機能を搭載。
BOOST TVは、TV視聴中に、Bluetooth接続したスマートホンやタブレットで音楽再生をすると自動的に音声がBluetooth再生に切り換わる「JBLサウンドシフト」機能を搭載しているので、面倒な設定変更せずに音楽を楽しむことができます。また、付属のリモコンだけでなく、TV用リモコンでもBOOST TVの操作が可能となる「リモコン学習」機能など、ご自宅で映像・音楽視聴をより快適にする機能を搭載しています。

■充実のワイヤレス機能により、さまざまなシーンで活躍。
「JBL コネクト」機能を搭載した2台を同時にワイヤレス接続することができ、大音量かつパワフルなサウンドをお楽しみいただけます。(「JBL コネクト」機能は、JBL XTREME、JBL PULSE2、JBL FLIP3、BOOST TV に搭載されています。)さらに、Bluetooth 接続でデバイスを3 台まで同時にペアリングし、交互に音楽再生することができる機能(ソーシャルモード)を搭載。接続した複数台のデバイスのうち、最後に再生ボタンを押したデバイスの音楽が再生されるので、簡単に音楽の切り替えができ、家族や友人とのホームパーティなどで活躍します。

【主な仕様】
製品名:BOOST TV(ブースト ティーヴィー)
カラー:全2色[ブラック、ホワイト(NEW)]
Bluetooth:Bluetooth3.0+EDR
使用ユニット:50mm径ドライバー×2
最大出力:総合30W (15W×2)
音声入力:Bluetooth×1、光デジタル×1、アナログ×1
周波数特性:60Hz - 20kHz
サイズ(W x H x D):376×84×122(mm)
重量(ケーブル含まず):約1.6kg
付属品:光デジタルケーブル×1、3.5mmアナログケーブル×1、電源コード×1、リモコン×1
価格:オープン価格 ※公式通販サイト販売価格 24,880円(税抜)

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、ブラジルワールドカップでは全競技場の6割がJBLの製品を採用しました。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、 JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で2,500万台以上走っています。ハーマンインターナショナルは全世界に25,000名の社員が在籍、2015年3月末までの12か月で59億米ドルの売上を報告しています。

プレスリリース提供:PRTIMES

コンパクトサイズながら圧倒的な迫力と臨場感のあるサコンパクトサイズながら圧倒的な迫力と臨場感のあるサ

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 共謀罪」法案が、今国会で「テロ等準備罪」と名前...
  • ローソンが広島地盤の中堅コンビニ・ポプラへの出...
  • ルネサス エレクトロニクスの約70%を保有の産業革...
  • 日産セレナの特別仕様車「ハイウェイスターVセレク...
  • 新電子制御マルチモードDCCD の採用でハンドリング...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.