企業動向 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > 企業動向

虎ノ門サイバートレーニングセンターを15日に開設 [株式会社Niサイバーセキュリティ]

株式会社Niサイバーセキュリティ

サイバートレーニングセンター開所式のテープカットの

~イスラエル発の実践的トレーニングセンターでセキュリティ人材育成を~

Press Release
2017年6月15日

株式会社Niサイバーセキュリティ(代表取締役社長:三石剛史、本社:東京都港区、 以下NiCS)は、イスラエルのCyberbit社と共同で本日、東京・虎ノ門に「虎ノ門サイバートレーニングセンター」を開設いたしました。

イスラエルの政府機関などを守るサイバーセキュリティ製品を提供しているCyberbit社が、イスラエル防衛軍をはじめ、世界各国の政府機関・民間施設に対して提供しているサイバー防衛の実践演習環境であるCyberbit Rangeを日本で初めて導入するセンターとなります。トレーニングセンターでは、サイバーセキュリティ専門家のためのシミュレーショントレーニングを提供し、日本国内のサイバーセキュリティ専門家の不足に対して、実践的な育成環境を提供いたします。

6月15日の開所式は、ルース・カハノフ駐日イスラエル特命全権大使、自民党サイバーセキュリティ対策議員連盟の理事長でもある野田聖子衆議院議員、経済産業省の伊東寛サイバーセキュリティ・情報化審議官らのご臨席(=写真=)のもと、サイバーセキュリティの業界関係者五十数人が参加して開催されました。また、本プロジェクトは日・イスラエルイノベーションパートナーシップの成果となります。

トレーニング環境は、世界で最も広く利用されている、サイバーセキュリティトレーニング&シミュレーションのプラットフォームであるCyberbit Rangeをベースに提供されます。受講生は、保護するべき実際のネットワーク環境上に配置された、商用のセキュリティツール、ネットワーク構成、トラフィックを利用して、実際のネットワークの様にトレーニングを受けることができます。
トレーニングシナリオは、Cyberbitによって最新のサイバー攻撃の状況が反映されます。虎ノ門サイバートレーニングセンターでは、ランサムウェアの攻撃シナリオを世界で初めて提供する予定です。


Niサイバーセキュリティ代表取締役社長の三石剛史は、「日本で極端に不足しているサイバーセキュリティ専門家を短期間で育成できる環境が整備できたと自負しています。これを機に、サイバーセキュリティ対策が大きな経営課題になっていることを日本の経営層に訴えかけていきます」と語っています。
Cyberbit CEOのAdi Darは、次の様に述べています。「日本では、サイバーセキュリティの専門家を数万人訓練し、短期間でスキルを向上させることが期待されている。私はNiサイバーセキュリティによってリードされるこの人材育成プロジェクトが、 2020年のオリンピックのサイバーレディネスへの貢献、そして今後の日本のサイバーレディネスに貢献すると確信しています」

<虎ノ門サイバートレーニングセンター概要>
所在地:東京都港区虎ノ門2-8-10虎ノ門15森ビル Niサイバーセキュリティ内
内 容:2日間の受講コースを基本とし、受講時間の8割で実践的なシナリオトレーングを行います。トレーニングシナリオは定期的に変更され、繰り返し受講される場合でも新しい攻撃シナリオを受講することが可能です。
受講料:2日間で30万円(税別)

■有資格者向けの特別優遇あり、GIAC、CISSP、CISA30%引き、情報安全確保支援士は10%引き
<演習シナリオ>
下記のシナリオから受講いただきます
・ SQLインジェクション
・ Apacheシャットダウン
・ウェブサイトの改ざん
・トロイの木馬によるデータ漏洩
・ Javaアプレットのメール送信
・ JavaアプレットのNMS強制終了
・ FTPエクスプロイト経由のDBダンプ
・キラートロージャン(トロイの木馬)
・トロイの木馬ウイルスの共有権限昇格
・ WMIワーム
・ランサムウェアによる攻撃

<Niサイバーセキュリティについて>
Niサイバーセキュリティは、日本の企業や政府機関に、米国、英国、イスラエル、ウクライナなどのサイバーセキュリティ先進国から、最先端のサイバーセキュリティソリューションを提供し、日本のサイバーセキュリティ対応力を国際水準に高めることを目的としています。
Niサイバーセキュリティは、コンサルティング、マネージドセキュリティサービスおよびプロフェッショナルサービスを提供します。

■事業内容:サイバーセキュリティに関する製品・サービスの提供、各種コンサルティングサービス
■主要商品:サイバーセキュリティ監査、サイバーセキュリティ製品の販売、サイバーセキュリティ人材育成、ビジネスコンサルティング、システム開発など
■代表取締役社長:三石剛史
■資本金:30.3百万円
■住 所:東京都港区虎ノ門2−8−10虎ノ門15森ビル
■設 立:2016年4月
■ホームページ: http://www.ni-cs.com/
■お問い合わせ: Info@ni-cs.com  03-6362-6989



【付帯情報】
・サイバートレーニングセンター開所式のテープカットの模様
http://itm.news2u.net/items/output/154433/1


News2uリリース詳細へ

関連URL:http://www.ni-cs.com/

記事提供:news2u

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 就職をして可処分所得が増え、結婚や出産で家族形...
  • アデコの調査によると、がん患者が仕事と治療を両...
  • 厚生労働省は来年度に、残業時間削減に成功した中...
  • 10月27日から一般公開となる「第45回東京モーター...
  • ダイジョブ・グローバルリクルーティングは2か国語...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.