ビジネス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > ビジネス

pmdtechnologiesが新しい3D飛行時間型深度検知撮像デバイスIRS238XCと世界最小の3Dカメラを展示

2018年01月11日

独ジーゲン & ラスベガス

(ビジネスワイヤ) -- pmdtechnologies ag は本日、ラスベガスで開催されるCESで新しい3D撮像デバイスIRS238XCを初展示すると発表しました。pmdとインフィニオン・テクノロジーズが共同開発したこの撮像デバイスは、急成長する3D深度検知市場のニーズに応えるものです。iPhone Xは深度検知技術を使用することでアニ文字や顔認証(FaceID)のようなユーザー顔検知アプリケーションを実現していますが、iPhone Xの発売以来、スマートフォン用の深度検知に対する需要は大幅に増加しています。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。: http://www.businesswire.com/news/home/20180110006392/ja/

このスマートニュースリリースにはマルチメディアが含まれています。リリース全文は下記でご覧ください。

http://www.businesswire.com/news/home/20180108006311/en/

pmdの3D深度検知技術はスマートフォン、ARヘッドセット、インテリジェントホームデバイス、ロボットなど、発売済み機器に内蔵されており、広く市場に普及しています。こうした中でpmdは市場ニーズについて貴重な教訓を学んでおり、そのためIRS238XCは市場が深度検知技術の搭載を期待している飛行時間型3Dカメラを実現できます。

カメラモジュールのレイアウトや集積化のし易さについては、3D深度検知カメラモジュールのレーザー安全基準クラス1準拠を支える専用機能を内蔵することで、大幅に改善されています。MIPIインターフェースやデジタル論理回路の集積化により、3Dカメラモジュールの操作は容易で簡便となっています。IRS238XCは各画素が背景イルミネーション抑制(SBI)回路を持ち、完全な太陽光下の屋外でも確実な深度検知を実現します。また、3万8000画素のIRS238XCは従来のあらゆる内蔵型3Dセンサーチップよりも解像度が高く、940nmの波長でも動作するように調整されていることから、屋外での動作をさらに改善します。

最後の重要な点として、pmdはCESでIRS238XCのリファレンスカメラモジュールを展示します。このモジュールはフットプリントが12mm x 8mmで、撮像デバイス、レンズ、赤外線エミッター、その他すべての関連回路を内蔵しており、そのため市販の3Dカメラモジュールとして世界最小です。

pmdtechnologies最高経営責任者(CEO)のBernd Buxbaum博士は、次のように語っています。「2005年から既にToFチップ製品を出荷し、また2016年からは消費者向け製品も大量に出荷するという経験を積んできましたが、この技術を次なるレベルで活用し、市場の需要が急増しているまさに今、高性能で高集積の新しい撮像デバイスを発売できることは喜ばしい限りです。」

IRS238XCは顔認証のための3D深度検知カメラに対する需要に応えるものであり、pmdとインフィニオンのソフトウエアパートナー企業は対応するアプリケーションソフトウエアを提供しています。それとは別に、IRS238XCはAR/VRヘッドセットやロボット、ドローン、インテリジェントホームデバイスなど、他の機器への採用も見込まれます。IRS238XCは既にサンプル出荷中であり、量産は2018年第4四半期に開始の予定です。ご要望はInfineon.com/real3で承っており、詳細情報もここから入手いただけます。

モジュールメーカーの既存パートナー企業は、pmdとインフィニオンの撮像デバイスを使用した3Dカメラを高い歩留まりと最も安定かつ一度のみの校正で量産できることを実証済みであれば、新しいIRS238XCを使用したカメラモジュールを量産に持って行くことができます。

この革命的チップと世界最小の3Dカメラモジュールの初披露に立ち会うには、 CES 2018に出展するpmdにお立ち寄りください。場所はテックイーストのウェストゲートホスピタリティースイート1310号です。

説明会の申し込みはevents@pmdtec.comにお願いいたします。

pmdtechnologiesについて

pmdtechnologiesはドイツのジーゲンと米国のサンノゼに拠点を置くファブレスIC企業であり、3D飛行時間型CMOSデジタルイメージング技術を提供する世界一流企業です。2002年に設立された当社は、pmdベースのアプリケーションやpme測定原理およびその実現に関する200件以上の世界特許を保有しています。pmdの3Dセンサーが対象とする市場には、産業自動化、車載用途、AR/VRなどの幅広いコンシューマーアプリケーションがあります。

詳細については、www.pmdtec.comをご覧ください。

businesswire.comのソースバージョン:http://www.businesswire.com/news/home/20180108006311/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

pmdtechnologies ag
Sabrina Buxbaum
Corporate Strategy & Marketing
Phone: +49 271 23 85 38 800
Fax: +49 271 23 85 38 809
E-Mail: s.buxbaum@pmdtec.com
www.pmdtec.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 米国で2017年10月に発売となった新型ホンダ「アコ...
  • 米国ホンダのインディアナ工場で生産される新型ハ...
  • 少子高齢化の中、人手不足感がピークに。海外人材...
  • 日産がデトロイトショーでワールドプレミアした3列...
  • 「2018年北米国際自動車ショー」(デトロイトモー...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.