ビジネス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > ビジネス

新日鉄住金 超ハイテン鋼板の供給体制を強化 ~君津製鉄所にCGL新設~

新日鐵住金株式会社

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/84/26802/350_102_201804171331355ad578a79fd6f.jpg
新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)は、超ハイテン鋼板(*1)の供給体制を強化するため、君津製鉄所(千葉県君津市)に溶融亜鉛めっき設備(以下、CGL)を新設します。新CGLは、強度1.5GPa級(*2)の超ハイテン鋼板の製造が可能で、生産能力は月産33千トン、2020年度第2四半期の生産開始を目指します。

自動車業界においては、世界的に環境規制強化と衝突安全基準の厳格化が進み、車体の軽量化・高強度化ニーズの高まりから、各自動車メーカーでの超ハイテン適用が増加しており、今後も需要拡大が見込まれます。また、今後、普及が見込まれる電気自動車などの電動車においても、走行距離やバッテリー重量の問題により、車体軽量化のニーズが一層高まるものと考えられます。こうした中、新日鉄住金は、車体の軽量化・高強度化を実現する超ハイテン鋼板のニーズ拡大に対応するため、超ハイテン鋼板の供給体制を強化することとしました。

本施策は、鉄のポテンシャルを最大限引き出す「鉄を極める」取り組みの一環であり、新日鉄住金は超ハイテンなどの高機能素材とソリューション技術の提供により、お客様の価値創造に貢献していきます。

尚、本施策にあわせ、君津製鉄所4CGLを休止します。

<新CGLの概要>
生産品種 : 溶融亜鉛めっき鋼板、及び、合金化溶融亜鉛めっき鋼板
生産能力 : 33千トン/月
稼働開始 : 2020年度第2四半期(予定)


(*1)超ハイテン鋼板 : ハイテンはHigh Tensile Strength Steel(高張力鋼)の略称。引張り強さが
            1.0GPa以上ある鋼板を超ハイテン鋼板という。
(*2)GPa(ギガパスカル) : パスカルは引張り強さや圧力の単位。引張り強さ1.5GPaのハイテンは
               1平方ミリメートルあたり150kgの力が加わるまで破断しない。


(お問い合わせ先) 広報センター TEL:03-6867-2135、2146、2977、3419
以 上

記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 人材サービスのサイコム・ブレインズが女性活躍に...
  • 日本国内の2017年度の仮想通貨の取引額は69兆円で...
  • 建築業界では3Dプリンターを主に建築模型に利用し...
  • 厚生労働省が「労働者派遣事業報告書」(2017年6月...
  • BIGLOBEが「働き方改革に関する意識調査」を実施。...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.