ビジネス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > ビジネス

GSMAとW20がG20サミットに先駆け、デジタル分野におけるジェンダーギャップ縮小に向けた行動要請を発表

2018年06月13日

G20加盟国に女性のデジタル包摂促進を呼び掛ける新しい勧告

ロンドン

(ビジネスワイヤ) -- GSMAはW20(ウィメン20)グループにおける役割の一環として1、今年後半にG20加盟国に発表する女性のデジタル包摂を促進するための一連の勧告を支持しました。GSMAは、男女平等と女性の経済的エンパワーメントに関する問題についてG20加盟国に助言するW20内で、デジタル包摂問題のトピック議長を務めており、持続可能な開発目標(SDGs)に関する取り組み(特にSDG 5の男女平等)を支援しています。

GSMAのマッツ・グランリド事務局長は、次のように述べています。「GSMAは光栄にも、W20勧告を策定するお手伝いができました。この勧告は、G20加盟国が世界で男女平等に関する政策を促進する際に、実行可能なロードマップを提供します。これらの勧告は、デジタル技術へのアクセスと利用における障害を取り除き、女性のデジタル包摂を奨励する政策を促進して、デジタル分野のジェンダーギャップを縮める重要性を明確にしています。このアプローチにより、将来のデジタル経済を形作る上で、女性と少女が重要な役割を果たせるようになると確信しています。」

W20のスサーナ・バルボ議長は、次のように述べています。「女性のデジタル包摂を保証することは、女性と女性が属する地域と経済に、大きな恩恵をもたらします。」

先週パリで行われ、GSMAが議長を務めた円卓会議で、W20の代表者はデジタル包摂の勧告を策定するために討論しました。合意に達した4つの勧告で、G20加盟国に以下のことを呼び掛けています。

1) 女性によるデジタル技術のアクセスと利用、そしてSTEM関連のコース、キャリア、管理職における女性の存在について、データを追跡、収集、分析する。

2) アクセシビリティー、値ごろ感、安全性、セキュリティー、デジタルスキル、関連性のあるコンテンツやサービスなど、女性のデジタル技術へのアクセスと利用を阻む障壁に重点を置いた総合的な政策を開発する。

3) STEM学習とデジタルを集中的に利用する雇用で、女性と少女が平等に参加できるように支援する取り組みを促進し、デジタル技術の設計・開発・管理における女性の参加および主導と、デジタル分野における起業を支援する。

4) 教育ニーズや新しいスキルの需要など、将来の職業を分析する場合、ジェンダーバランス、社会的保護、仕事の質も視野に入れる。

これらの勧告は、2018年11月30日~12月1日にブエノスアイレスで開催される2018年G20アルゼンチン・サミットでの発表内容に取り入れられ、G20加盟国の政府は、各問題について具体的な約束をすることが求められます。

女性のデジタル包摂を支援するモバイル業界 GSMAは、女性のデジタル包摂と金融包摂を一層高める取り組みを支援することに注力しています。これは、人々がインターネットを利用する場合、世界中の多くの場所でモバイルが主な手段であるからにほかなりません。しかし、GSMAの最新の調査によると2、低・中所得国の女性はモバイルインターネットの使用率が、男性より26パーセント低くなっています。

GSMAのコネクテッド・ウィメン・イニシアチブの一環として、アフリカ、アジア、中南米のモバイル通信事業者36社が、女性のデジタル包摂と金融包摂を加速するために、モバイルマネーやモバイルインターネットの顧客層における男女格差を縮小することに関して、51個の正式な誓約を行っています。現在まで、コネクテッド・ウィメン・プログラムとモバイル通信事業者のパートナーは、生活を向上させるサービスを2200万人以上の女性に提供しています。

GSMAは、コネクテッド・ウィメン・プログラムとW20以外にも、EQUALSイニシアチブ、Women4Tech、中南米のWeCareイニシアチブ、#BetterFutureキャンペーンへの参加を通じて、女性のデジタル包摂と金融包摂を加速する活動を支援しています。

-以上-

GSMAについて GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち300社以上は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、GSMAモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ、モバイル360シリーズのカンファレンスなど、業界を主導するイベントの開催も行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

________________________1 W20は、G20加盟国の市民団体から成る7つの独立系エンゲージメント・グループの1つです。エンゲージメント・グループはG20と並行して会議を行い、重要問題に関する市民社会の立場をG20のリーダーが確実に考慮するようにしています。詳細情報については、http://w20argentina.comをご覧ください。2 https://www.gsma.com/mobilefordevelopment/programmes/connected-women/the-mobile-gender-gap-report-2018

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20180606005078/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

For the GSMA
Beau Bass
+44 79 7662 4962
beau.bass@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 日本組織内弁護士協会によれば、企業内で働く弁護...
  • 金融庁は6月7日、仮想通貨交換業者のFSHOに対し、...
  • Grab社とトヨタの協業スキームのイメージ
  • 2017年に3社連合で合わせて1060万台以上を販売し、...
  • TPCマーケティングリサーチが酒類の市場について調...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.