ビジネス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > ビジネス

“仮想通貨の本命”とも呼ばれる新暗号通貨『ベネフィットクレジットコイン』が市場デビュー

デジタルカレンシー株式会社

デジタルカレンシー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:松田 智)が開発した新暗号通貨『ベネフィットクレジットコイン(※以下BCC)』は、国内最大手の取引所である「東京ゲートウェイ」での取り扱いを開始しました。
BCCには、これまでの仮想通貨(暗号通貨)の「良いところ取り」によって誕生、まさに世界中の投資家が待ち望んだ新コインとなっています。


■Pointその1『業界最高水準の付加価値』
ブロックチェーン技術による安全性はもちろんのこと、あのGoogleも資本参加しているリップルの仕組みを導入することにより飛躍的に利便性を向上、さらに法定通貨だけではなく現物資産とも交換することができる価値を持った、まったく新しいコンセプトの暗号通貨です。


■Pointその2『最先端技術と伝統の歴史が融合』
通貨価値の一部を現物資産である「金」で担保することにより、他の仮想通貨に類を見ない圧倒的な信任力を構築しています。
古くは金本位制度から連綿と続く兌換通貨という概念に最先端のFintechが融合することで、リアルとバーチャルの完全融合が実現、そのシナジーから生まれる強大な信用によって、BCCの安定成長力が担保されています。


■Pointその3『保有する事そのものが利益になる』
BCCは、決済や送金の手段としての実需に加えて、すでに日本国内の富裕層によって約25億円分(公開開始時点)のBCCが“保有”されています。
流通や取引だけでなく「富裕層の資産保全」という“BCCを所有すること”そのものへの“実需”が生まれ、そのサイクルが拡大することで投機目的による不用意な価格変動のリスクを抑えながら良質な資金が流入し続けます。

これにより、長期かつ安定的に通貨価値上昇が見込まれ、高い極めて高い信任力を維持することを実現しています。
まさに業界が待ち望んだ超優良通貨の呼び声を多くいただいているのがこの『ベネフィットクレジットコイン(BCC)』なのです。


■BCC世界公開記念 大還元キャンペーン
今回の世界公開をきっかけにBCCは今後、アジア、そして世界中の富裕層マネーが流れ込んでくる事によりさらなる実体を保った堅実な成長が見込まれています。

現在、この記念すべき東京ゲートウェイへの上場にあわせて、開発元であるデジタルカレンシー株式会社より、一般公開における恩恵を日本社会に還元すべく総額15億円相当という前代未聞のスケール感で利益を還元するキャンペーンを開催中です。

参加いただくどなた様にも分配益受け取りの権利がありますのでぜひ今すぐキャンペーンの詳細をご確認下さい。

キャンペーンの詳細や参加資格を今すぐ確認する
http://www.rm-zon1.com/url/press0810.html


※なお、誠に申し訳ございませんが、既存BCC保有者様の利益保護のため、15億円分の枠が埋まり次第、キャンペーンは予告なく終了となりますので無期限ボーナスをお受け取りいただくためにお早めに詳細をご確認下さい。


■会社概要
会社名 : デジタルカレンシー株式会社
所在地 : 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビルコアレジデンス401号室
お問合せ先URL: http://digitalcurrency-bcc.tokyo/


詳細はこちら

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • インバウンド情報を手がける株式会社やまとごころ...
  • マクロミルは都内タクシーの初乗り運賃値下げに関...
  • コンビニ大手のファミリーマートでは、書店と一体...
  • Gターボ “SAⅢ”「レジャーエディション “SAⅢ”」(2W...
  • 1989年にデビューした、マツダのNA系・初代ローロ...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.