ビジネス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > ビジネス

人材業界初!「ワーキングホリデー人材支援パッケージサービス」を開始!日本企業の海外進出、インバウンド対策を後押し

株式会社アプリ

人材業界初!「ワーキングホリデー人材支援パッutf-8

都内の就職支援・住まいサポート「Tokyo Dive(トーキョーダイブ)」を運営する株式会社アプリ(本社:東京都新宿区、代表取締役:庄子 潔)は、日本企業の海外進出やインバウンド対策の支援のため、ワーキングホリデー(以下、「ワーホリ」)で来日する外国人人材を紹介、マッチングをはかりながら正社員採用につなげる、人材業界初(※)「ワーキングホリデー人材支援パッケージサービス」を2017年9月13日に開始いたします。
(※自社調べ)
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/136964/LL_img_136964_1.png
サービスイメージ

■ワーホリ制度を活用した新しい外国人人材サービス
「ワーキングホリデー人材支援パッケージ」は、日本企業のインバウンド対策や海外進出にあたり、ワーホリで来日する外国人人材を紹介、人材のマッチングをはかりながら正社員採用につなげるサービスです。元々当社は専業の人材事業で外国人人材の派遣を行っており、すでにワーホリの外国人スタッフとの接点があります。そしてワーホリ採用に関してのノウハウを持ち、企業に対してアドバイス・サポートができる当社ならではの人材サービスです。
当面は当社が拠点を置く台湾の人材を紹介します。紹介先は飲食・サービス業などがメインとなります。外国人人材は最長1年間のワーホリ期間終了後、正社員登用し当該企業台湾支社の管理者層や日本国内でのインバウンド対策としての活躍を想定しています。今後、2020年までに本サービス利用企業を300社、紹介者数1,000人を目標としています。


■外国人採用の負担を軽減、海外進出を後押し
様々な分野で「人手不足」が叫ばれる昨今、外国人人材の採用が注目されています。通常、外国人を正社員として雇用する場合企業側が就労ビザを申請する必要がありますが、ビザ申請には金銭的・事務的負担がかかります。また採用したものの、ミスマッチングにより外国人人材がすぐに退職・帰国してしまうリスクがあります。しかし、ワーホリでの採用であれば就労ビザは要らず、企業側のリスク・負担を軽減し、能力・人物面などをしっかり把握できます。また求職者側も事前に業務や社風を知れ、マッチングをはかれる利点があります。本サービスはこれらの利点を活かしワーホリ人材の集客から紹介、採用までをパッケージ化した業界初(※自社調べ)のサービスです。
特に、初めて外国人採用を考える企業にとってはハードルが低く積極的に活用していくことができます。また今後台湾に日本の大型商業施設の進出が決定したことから、この機会に海外進出を目指す企業の人材面での後押しとなり、ニーズが高まることが予想されます。


■ワーキングホリデー人材支援パッケージサービスのメリット
(1)ワーホリビザは1年間の期限付き
→ 期限内で、人間力や語学力など人物・能力面の見極めが可能

(2)ワーホリビザは18歳以上30歳以下の年齢制限あり
→ 若手人材の獲得が可能

(3)日本への興味関心が高い人材
→ 日本語能力の高い人材の紹介が可能

(4)ワーホリ人材の在留資格は「特定活動」
→ 留学生ビザとは違い、勤務時間に特に制限がなくフルタイムで日本人と同じように働くことが可能


■なぜ台湾か?
まず、人材事業を行う当社に登録している外国人スタッフのうち約8割が台湾国籍です。そして台湾国内における日本へのワーホリビザ発給総数5,000件のうち、約3割の人材が当社にスタッフ登録しています。そのため多くの人材を確保することが可能であると見込まれます。また当社は2017年6月に台湾支店を設立し、現地でのコンタクトポイントがあることから、本サービスを台湾からスタート致します。


■安心のスタッフフォロー
来日した台湾人スタッフに対し、当社の台湾人社員が定期的にフォローを行います。具体的には、日本での住まいサポートや面談、スタッフ同士の交流会や雇用先企業からのフィードバック等です(予定)。来日中の不安やストレスを可能な限り軽減し、求職者のメンタルケアを目的としています。


■会社概要
日本各地の観光地にあるホテル・旅館等を対象とした人材派遣業を専業としております。これまで派遣スタッフ登録者数約13万人、取引先数全国約2,500カ所となり、順調に推移しております。『若者に価値あるCHALLENGEを』を企業理念とし、2002年の創業以来リゾート人材サービスを通じて多くの若者のチャレンジを応援・実現してきました。その後チャレンジの場を広げ、2016年に上京サポート・都内就職支援「Tokyo Dive」、留学・ワーホリサポート「Global Dive」をスタートさせました。その他旅行観光イノベーション事業や観光業支援事業など多岐にわたって事業展開しています。

会社名 :株式会社アプリ/Apptli Inc.
設立 :2002年3月
代表者 :代表取締役 庄子 潔
本社 :〒160-0022 東京都新宿区新宿3-1-22 NSOビル4F
全国支社:札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡、沖縄、インドネシア、台湾
事業内容:人材派遣事業 派 13-300547
有料職業紹介事業 13-ユ-302319
アウトソーシング事業(リゾート施設)
留学・ワーキングホリデーサポート事業
訪日旅行サービス業
東京都知事登録旅行業第2-7359号 一般社団法人全国旅行業協会正会員


■関連URL
「TSUNAGU CHALLENGE」: https://apptli.co.jp/
リゾートバイト求人サイト「はたらくどっとこむ」: https://hataraku.com/
都内就職支援・住まいサポート「Tokyo Dive」: https://tokyo-dive.com/
留学・ワーホリサポート「Global Dive」: https://global-dive.jp/


詳細はこちら

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 10月27日から一般公開となる「第45回東京モーター...
  • ダイジョブ・グローバルリクルーティングは2か国語...
  • トラストバンクは地方移住に関する意識調査を実施...
  • 日本建設機械工業会が2017年度、2018年度の建機の...
  • 厚生労働省は「平成28年度 医療費の動向」を公表...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.