経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

日銀の緩和維持、財政規律は維持可能か?

2017年10月10日

日銀は9月の会議で緩和の現状維持を決定した。マク...

 日銀は9月21日の政策会合で量的緩和の「現状維持」を決定した。一部の委員は「現状維持でも不十分である」との理由から反対票を投じた。

 「現状維持」の理由は日本の実体経済では緩やかながら(有効需要不足と言った意味での)デフレからの回復傾向を示しているにもかかわらず、物価上昇率、殊に目標値としている消費者物価指数は目標の2%に遠く及ばず、0%台を脱却できないままだからである。

 既に日銀は国債発行額の7割、最大約270兆円を買いオペし、国債発行残高の4割弱、約400兆を保有している。もちろんこれは良い側面も持っている。日銀が国債を購入し、大量保有しているからこそ国債の信用が保たれ、市中貸せず、値崩れしないため金利、殊に長期金利の上昇は起こらないとの議論もある。そしてその議論は概ね的を射たものであろう。

 しかし、政府の発行した国債を日銀が買いオペで直ちに銀行等市中から吸い上げることは実質、日銀引き受け国債であるという指摘も当然出てくる。つまり、日本は自由経済では許されない財政ファイナンスを行っているという指摘である。

 周知の通り、戦前戦中の戦時経済への猛省もあり、日銀引き受け国債は財政法51条で禁止されている。もちろん現在のシステムでは国債を引き受けるのは銀行等の市中であり、買いオペは金融政策として日銀独自に行われているというのが立て前なのであるから少なくとも外形上は日銀引き受けでないのは確かである。しかし、日銀が市中を迂回しながらも政府が発行した国債を即座に買い上げ保有することで政府が資金調達することは財政運営の放漫化につながる危険性をとてつもなく大きくする。安易に国債を振り出し財政規模の無制限の膨張にもつながりかねない。

 民主主義とは単年度主義の均衡財政統制が基本である。PB(単年度の収支バランス)を保つことは財政民主主義の基礎である。しかし、消費税増税の見送りも既に実施され、今もなお増税断行に反対する声は決して少なくない。PB達成の目標も先が見えない。

 そもそも、量的緩和による適度なインフレの誘発は負の資産としての財政赤字を圧縮することでもある。これ自体、財政の中立性を担保しているとは言えない。しかし、そのインフレの目標が今のところ実現の兆しも見られない状態である。

 しかし、このまま緩和を拡大し貨幣供給量の増大自体が悪性インフレを生じさせたら日銀は口座を縮小させる以外にない。そして、それ自体が長期金利の上昇をさらに拡大するという最悪の事態になる。民間である日銀は政府に対し財政規律の遵守の観点からも意見を積極的に述べるべきではないだろうか。(編集担当:久保田雄城)

衆院選:アベノミクスの5年間、アベノミクスは成功したか?

幼児教育無償化:政府試算1.2兆円 消費税財源で

迷走する日銀の出口戦略 リフレ持続的成長か?財政破綻か?

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • これまでプロセッサの分野で業界をリードしてきたI...
  • 就学前教育の義務教育(無償)化について、是非実...
  • 政府は教育無償化を行ううえで2兆円規模の政策パッ...
  • マーシュは「お金と仮想通貨に関するアンケート調...
  • 『雇用延長制度』について、89%の方が「賛成」と...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.