経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

神戸製鋼問題など製造業への信頼に影響と懸念

2017年10月13日

 日本経済団体連合会の榊原定征会長は神戸製鋼や日産自動車で行われていた不正行為に対し「日本のものづくりへの国際的信認の高さの背景には圧倒的な品質の高さがある」と指摘したうえで「わが国製造業への信頼に影響を及ぼしかねない由々しき事態だ」と深刻な問題だとした。

 榊原会長は「事態の正確な把握、不正の原因究明、再発防止の対策に徹底して取り組んでもらいたい」と求めた。

 一方、経済産業省は12日、神戸製鋼の川崎博也代表取締役会長兼社長に対し「徹底的な原因分析と全社的な再発防止策を含む報告を1か月以内に行うよう」指示した。

 神戸製鋼では、これまでの社内調査で同社製造のアルミの検査データが改ざんされ、この製品が自動車や新幹線、防衛関連部品の一部に使われていたほか、車の部品に使われている鉄粉についてもデータ改ざんされた製品を出荷し、使用されていることが分かった。

 また、日産自動車は無資格の従業員が新車製造の最終審査に関わり、検査記録書類には資格者のハンコが押され、完成検査を終えていた。

 日産自動車は「車両製作工場の完成検査において、任命されていない検査員が合否判定を行ったものがあり、 安全環境性能法規(保安基準)に関する検査が適切に行われていなかった」と認めたうえで「指定整備工場において自動車検査員による点検を行い、 安全環境性能法規(保安基準)に関する不具合が認められた場合は是正する」として、ノート、セレナ、シルフィなど28車種、約115万台を対象にリコール届けを出した。(編集担当:森高龍二)

内部告発者保護 法改正検討も課題多い

燃費不正防止策「抜き打ちや不正時効力停止」へ

不正で信頼失うスズキグループと取引がある1次仕入先は1,154社、総従業員数は54万7,678人

不正の背景「燃費が一番の訴求ポイント」の意識

偽装問題で揺れる三菱自動車グループとの取引は大半が中小企業 地域経済や雇用への大きな影響の可能性も

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • レクサスは、東京モーターショー開幕を1週間後に控...
  • ハロウィンを控えた秋、カボチャ色「オランジュ・...
  • 平成28年排出ガス規制に対応したホンダ「スーパー...
  • ワールドプレミアとなる「Honda Sports EV Concept...
  • 経営者にとって新規顧客獲得は常に悩みの種だ。デ...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.