経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

モバイル充電のアノ悩みから解放? スッキリスマートな次世代の充電システム

2017年12月17日

ロームは昇降圧充電IC「BD99954GW」と「BD99954MWV...

 今や、私たちの生活に欠かせないものとなりつつあるスマートフォン。総務省の通信利用動向調査によると、個人のスマートフォンの保有率は2011年の14.6%から、2016年には56.8%と急成長しており、5年のうちに4倍もの急激な普及を遂げていることが分かった。また、博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が2017年6月20日付で発表した最新の調査では、スマートフォンの所有率は約78%にまで伸びているほか、タブレット端末も4割を超えている。スマートフォンはともかく、タブレット端末も15歳から69歳までの5人に2人近くが所有しているというのは驚きだ。

 モバイル機器がこれだけ普及してくると、身近な悩みとしてあがってくるのが充電環境の改善だ。スマホにタブレット、ノートPCやその他のモバイル端末まで加えると、それぞれの充電器やACアダプタで家庭のコンセントは渋滞を起こしてしまう。家族全員分となれば、尚更だ。また、機器ごとにいちいち充電器を使い分けるのは非常に煩わしいし、見た目のスマートさにも欠ける。

 そこで今、注目を集めているのが、充電コネクタを共通化できて5Vから20Vの幅広い電圧で最大100Wまでの受給電を可能にするUSB電力拡張規格「USB Power Delivery」(以下USBPD)や、充電台に置くだけで充電が可能になる「ワイヤレス給電」だ。現在、スマートフォンなどのモバイル機器やPC、ACアダプタなどでUSB PDの仕組みを搭載した製品が続々と登場しており、有線充電とワイヤレス給電、2 つの充電方式を同時に採用する動きも増えている。

 ところが、USBPD のような幅広い電力に対応しようとすると、いくつかの問題がある。一つは昇降圧の問題だ。例えば5Vの充電器から2セルバッテリーを充電するには8.4Vの電圧が必要となり、システムに昇圧機能を付加しなければならない。逆に、20Vから2セルバッテリーを充電するには降圧機能が求められる。また、2 つの充電方式を同時に採用するには、それぞれに対応した充電IC と外付け部品を搭載し、マイコンで充電方式の切り替えを制御する必要がある。USBPDやワイヤレス給電をもっとスマートに活用し、導入をさらに促進させるためには、これらの課題を克服する必要があった。
 
 そんな中、電子部品大手のロームが先日、業界で初めて充電系統の2 入力に対応した昇降圧充電IC「BD99954GW」と「BD99954MWV」を開発したことで注目を集めている。同ICは、1 セルから4 セルバッテリーを対象に、昇降圧制御により3.07Vから19.2V の充電電圧を生成し、最先端USBPD システムにも対応するバッテリー充電IC だ。さらに充電アダプタ判定機能も搭載しているので、マイコン制御なしに充電の切り替えが可能となっている上、USBPDだけでなく、現在最も普及しているUSB BC1.2もサポートしている優れものだ。

 USB 充電、ワイヤレス給電、AC アダプタからの充電など、複数の充電方式の同時実装を簡単に実現することができれば、充電環境の利便性が飛躍的に高まる。充電器の煩わしさから解放される日も、そう遠くはなさそうだ。(編集担当:藤原伊織)

電気自動車社会の達成のカギを握るバッテリー開発とその制御技術

日産、第2世代EV「リーフ」をフルモデルチェンジして世界初公開

日産とNEC、大京「マンションへのEV充電器設置、実証プロジェクト」開始

安全性が問われるリチウムイオン電池。安全性を実現する製品とは?

EVの急速充電を3分の1に短縮する充電器を公表

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 昨年10月世界最大の浮体式洋上風力発電所が、スコ...
  • 日本能率協会が2018年度の新入社員を対象に意識調...
  • 人材サービスのサイコム・ブレインズが女性活躍に...
  • 日本国内の2017年度の仮想通貨の取引額は69兆円で...
  • 建築業界では3Dプリンターを主に建築模型に利用し...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.