経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

1Dayから刑事体験まで? 進化するインターンシップの今

2018年02月11日

これまでインターンは「5日以上」という日数規定...

 少子化の影響などで「売り手」有利が続く、新卒採用マーケット。すでに2020年卒業見込みの学生獲得に向けて動き出す会社も多い中、企業にとっても学生にとっても、お互いを見極める為の重要な機会となるのが就活前の就業体験、いわゆる「インターンシップ」だ。

 売り手市場の今は、新卒者の9割以上が企業への就職を果たしているといわれている。ところが、その内の約40%が3年以内に離職しているという。これでは採用する側、される側、双方にとって不幸だ。

 就活生の誰もがうらやむような大手有名企業に就職できたものの、実際に働き始めると自分には合わなくて、一年足らずで辞めてしまった……なんていうのはよくある話。また、逆に本命じゃなかった第二志望、第三志望の会社でも、中に入ってみると理想的な職場だったということも大いにあり得る。そこで、インターンシップを活用すれば、その企業の仕事内容だけでなく、社内の雰囲気なども事前に体感することが出来るというわけだ。

 企業側としても、学歴や面接だけで判断するのではなく、実際に学生の適性を見て選別することができるし、離職のリスクも軽減できる。ただでさえ、人材不足といわれる昨今、売り手市場といわれる今だからこそ、優秀な人材確保のためにインターンシップに力を入れている企業が増えている。

 また、これまでインターンは「5日以上」という日数規定が為されていたが、2017年からこれがなくなって、1日からの短縮版インターンが可能となったことで、それを採用する企業も増えている。

 例えば、住宅業界で堅調に業績を伸ばしてるアキュラホームも昨年度から1Dayインターンシップを導入している企業のひとつだ。同社は志向別に8コースの1Dayインターンシップを用意し、全コースいくつでも参加できるように門戸を広げている。

 「たった1日で会社の何が分かるのか」という声もあるが、アキュラホームでは従来の就業体験や会社説明会的なものではなく、住宅業界について学ぶ座学や家づくり体験ワーク(プランニング)などを取り入れて、学生が住宅業界で働くことに興味を持つような業界全体を活性化させるようなプログラムを組んでいるのが興味深い。1Dayならではの内容で、業界に興味を持つ就活生にも好評のようだ。

 インターンシップに熱心なのは企業だけではない。静岡県警も次代を担う警察官の獲得に向けて、積極的にインターンを取り入れている。同県警では、現役の機動隊員に交じって、盾の構え方や救助訓練を体験させたり、刑事部門では「なりきり「刑事」特殊詐欺現場に臨場せよ!」と題して、仮想の事件現場で事情聴取や現場観察の体験、鑑識活動(指紋採取)の体験、似顔絵作成の体験、捜査車両見学等を行う、インターンを導入している。まるで体験型ゲームのようだが、それだけ人材不足が深刻ということなのかもしれない。

 近年は転職や離職が珍しくなくなってきたとはいえ、やはり一度就職した会社には一生添い遂げるつもりで働きたいもの。就活生には、様々なインターン制度を上手く活用して、自分と合う企業、業種を見つけてほしいものだ。(編集担当:藤原伊織)

就職戦線、「楽になる/厳しくなる」各5割、志望業界1位は銀行

外国人留学生 就職の意識は高いが就活に出遅れ

広がる警察官の採用条件緩和 体格基準撤廃や年齢制限引き上げ

学生のインターンシップ参加率43.7% 就職に高い意欲

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 加藤勝信厚労大臣は年金受給開始年齢を65歳から...
  • 2017年の農林水産物と食品の輸出が過去最高の8037...
  • 文部科学省は2022年度から実施する「高校学習...
  • 与信サービス業のリンクモンスターが「企業の取引...
  • 上場企業の決算では前年の水準を上回る過去最高益...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.