経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

世界最大の自動車市場、中国を睨んだ電動車開発競争をめぐる各社の動き

2018年03月11日

3月8日~18日に開催されている「第88回ジュネーブ...

 2018年になって、デトロイトとジュネーブの2大国際モーターショーが開催された。自動車大手の今後の戦略を示す具体的な提案はあったのだろうか。国内各社の自動車電動化に向けた動きを軸に探ってみたい。

 そのためには年間2800万台という巨大自動車市場を抱える中国の動向から目が離せない。

 中国共産党中央委員会は2月25日、国家主席の2期10年の任期を撤廃する憲法改正案を発表。3月5日から始まる全国人民代表大会で改正され、習近平主席は3期目以降も現職にとどまる。

 このような中国共産党の動きに世界が注目するのは、習近平の終身統治が世界秩序を瓦解する可能性があるからだ。習近平が率いる中国は、経済で世界のリーダーを目指すと明言している。それが実現すれば、欧米などの市場資本主義、民主主義、個人の権利を重視する価値観に基づく政治制度・秩序が失われかねない。

 しかし、それでもなお、世界最大級の市場規模を誇る中国に対し、日本を含めた欧米の企業が殺到する。なかでも自動車産業の動きが急だ。

 何故か? 中国も英仏に次いで“自動車の電動化”を明言し、自動車各社に2019年から一定比率の電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの生産・販売を義務付ける規制が導入するからだ。

 世界最大の中国市場に対し、日系メーカーによるEV投入の動きも本格化してきた。

 ホンダは、2018年中に中国専用EVを投入することを発表し、2017年の上海モーターショーで具体策を示した。それによると、ホンダは現地合弁会社である広汽ホンダと東風ホンダの2社と共同で電気自動車を開発し、合弁会社それぞれのブランドで販売するという。

 さらに、トヨタもマツダと共同開発したEVを2019年に中国でリリースする予定だ。また、2025年までに、レクサスの全車種でEVや燃料電池車(FCV)、プラグインハイブリッド車(PHV)などを設定する。

 ホンダは、2018年中に中国専用車を投入することを発表し、2017年9月に具体策を示している。それによると、ホンダは現地合弁会社である広汽ホンダと東風ホンダの2社共同で新しいを開EV開発し、合弁会社それぞれのブランドで販売するという計画だ。

 日産自動車は、ルノー・三菱自動車を加えたアライアンスで中国向けEVラインアップの強化を図る。まず、今年中に日産は新型「リーフ」を中国に投入し、さらに新しいEVを複数投入する計画だ。

 このルノー日産・三菱アライアンスは、2022年までに全世界の年間販売目標1400万台のうち3割を電動車にする計画だ。現在よりも35%増しとなる世界販売1400万台という数字は。カルロス・ゴーン氏の大風呂敷ともいえるが、その達成のために、3社でEV用の車台や部品を共有化し、新規で全世界で12車種のEVを投入する。

 日産は、スイス・ジュネーブで3月8日?18日に開催されている「第88回ジュネーブ国際モーターショー」で、2018年?2019年シーズンからFIA主催の電動フォーミュラカーレース「Formula E」に参戦する、オリジナルマシンを展示し、意気軒昂なところをアピールした。(編集担当:吉田恒)

トヨタの急ぎ足第2弾、統括的ITソリューション構築のため、情報子会社3社統合

「Mazda VISION COUPE」、コンセプトカー・オブ・ザ・イヤー受賞

次期レヴォーグか、「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」世界初公開

国土交通省、車検項目を大幅拡大する方針

国内11社が結集してJHyM設立、共同で水素ステーションを整備を加速

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 国会は7月22日までに会期延長になった。働き方...
  • 帝国データバンクが「女性社長比率調査(2018年)...
  • 富士経済がHV・PHV・EVの世界市場調査結果を発表。...
  • 労働環境の改善は今や、個々の企業だけでなく、国...
  • ボディサイドのラインはウェッジシェイプを描きな...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.