経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

日本の対応遅れる、マネーロンダリングの現状

2018年04月13日

金融庁は各金融機関が対応すべきマネーローンダリ...

 金融庁は2月、各金融機関が対応すべきマネーローンダリング(資金洗浄)およびテロ資金供与対策に関するガイドラインを公表した。世界各国で強化されてきたアンチマネーロンダリングだが、日本の取り組みは遅かった。

 金融庁がガイドラインを公表した背景には、2008年に行われたFATF(ファトフ:資金洗浄に関する金融活動作業部会)第三次対日相互審査のレビュー結果が、加盟国中29の下から5番以内という低い結果だったことが大きい。世界各国で強化されてきたアンチマネーロンダリングに対し日本の取り組みの遅れが顕著になり、19年10月のFATF第四次対日相互審査が始まるのを前に政府・金融機関の対応が迫られている。

 米国では、経営陣によりリスクに応じて対応を変える方針が明確化されていて、方針を実践するためのマネーローンダリング専門チームも設置されている。また、日々の口座取引システム上のモニタリング・フィルタリングで取引を監視している。

 金融庁のガイドラインではマネーローンダリング対策を事務部門が行うだけではなく、経営陣も関与すべき課題を明確にしたこと、また専門家の設置と育成を求めていることから、ようやく米国などの取り組みに近づいたことになる。

 08年からATMで10万円を超える現金の送金が出来なくなったが、これは911ニューヨークテロ事件以降始まった規制で、今では本人確認の写真提示がなければ銀行口座が開設できなくなっている。これらは国際基準に合わせた顧客管理の取り組みだが、金融機関は顧客の利便性を犠牲にすることもやむを得なくなっている。

 一方、消費者も気を付ける必要があり、電子メール、求人サイト、チャリティーサイトから海外送金の援助という勧誘もあり、不正資金の送金代行などのマネーローンダリングに加担することがある。知らないうちに資金洗浄の手助けをしないよう、個人もマネーローンダリングに対する正しい知識を持つ必要がある。(編集担当:久保田雄城)

アベノミクス失敗示し補正予算議論する 大串氏

カジノ法案衆院通過、経済界もしっかり審議要請

カジノ含むIR法案には断固反対 吉田党首

三菱UFJが参入を決めた「ビットコイン」電子マネーとの違いは?

12日の腐敗対策サミット 課税逃れ議題に

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 昨年10月世界最大の浮体式洋上風力発電所が、スコ...
  • 日本能率協会が2018年度の新入社員を対象に意識調...
  • 人材サービスのサイコム・ブレインズが女性活躍に...
  • 日本国内の2017年度の仮想通貨の取引額は69兆円で...
  • 建築業界では3Dプリンターを主に建築模型に利用し...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.