経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

7年連続ミニバンNo.1の北米仕様ホンダ・オデッセイ、デトロイトで新型初公開

2017年01月11日

「2017年北米国際自動車ショー」のプレスデーでフ...

 ホンダ・オデッセイ(北米仕様車)がフルモデルチェンジした。1月14日から一般公開される「2017年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)」のプレスデーで世界初公開された。米国での発売は今春を予定する。

 北米仕様のオデッセイは1994年に初代がデビューして、今回の新型が5代目となる。北米専用ミニバンとして日本仕様のオデッセイとは別の道を歩んできたモデルだ。北米の多様化するファミリーユーザーのニーズに合わせて常に進化を続け、これまでに米国内で累計約250万台を販売した実績を持つ。

 先代モデルは、2010年にフルモデルチェンジして登場。以降、米国におけるミニバン販売台数で7年連続第1位を記録、高い評価を獲得してきた。

 搭載するパワーユニットは可変シリンダーシステムを持つ3.5リッターV型6気筒VTECエンジン。今回の改良で最高出力が32馬力アップして280馬力を得た。組み合わせるトランスミッションはホンダ独自開発の新型10速オートマティックとなった。出力アップしたエンジンと多段ミッションの組み合わせで、オデッセイのボディをスムーズに力強く加速させる。

 先進の安全運転支援システムとして、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)や車線維持支援システム(LKAS)などを含む「Honda SENSING」をEX以上の主要グレードに標準装備とした。

 また、軽量化と車体剛性を高次元でバランスさせたボディは、超高張力鋼板、アルミニウム、マグネシウムなどの複合素材を使用した。精密なハンドリングと上質な乗り心地を追求して設計したシャシー。クラス最大の荷室容量、存在感のある洗練されたエクステリアデザインなど、あらゆる面で最上級のミニバンを目指したという。

 フロントヘッドライトおよびテールライトにLEDを採用し、先進感のあるシャープさを演出。空力性能にも優れた流麗なボディラインや、スライドドアのレールをウインドウ下に隠すなどの細やかな配慮により、精悍でありながらもエレガントな外観に仕上がっている。

 ミニバンとしてユーティリティもさらに進化した。ミニバン最上の空間とも言えるセカンドシートは、中央のシートを取り外して、左右の座席を真横にスライドさせることができるマジックスライドを採用。2列目シートにチャイルドシートを装着した状態での3列目へのスムーズなアクセス、2列目の座席を互いに離したり近接させたり、状況に応じたシート配置が可能だ。

 乗員同士のストレスフリーなコミュニケーションのために、遮音ガラスや3層のドアシールを採用するなど、徹底したノイズ低減・静粛性を追求した。また、ドライバーが後部座席の乗員にスピーカーやヘッドフォンを通して話しかけることができる「Cabin Talk(キャビントーク)」を搭載。加えて、暗い室内でもダッシュボード中央の8インチ高解像度ディスプレイオーディオに、車載の赤外線カメラで後部座席の様子を映し出して見守ることができる「Cabin Watch(キャビンウォッチ)」も採用した。

 北米仕様のオデッセイは、90年代の一時期日本に輸出され「ラグレイド」という名称で販売された。が、今回の新型について、日本での販売アナウンスはない。(編集担当:吉田恒)

ホンダ、北米カー・オブ・ザ・イヤーで史上初の2部門同時受賞。シビックとリッジライン

2016年の国内新車販売、2011年以来、5年ぶりに500万台割れ。米市場の先行きに薄曇り感

原油安だから大型車を買う“米国民の軽薄な購買意欲”に寄り添えない日本車の轍

自動車業界、合従連衡はひとまず一段落か。4大陣営から取り残された企業に注目が集まる2017年

クロスオーバーSUVとSUV、何が違う? 2017年、その市場を制するのは?

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 新開発の2.5直列5気筒エンジンは最高出力400psを発...
  • 日本は国民の4人に1人以上が65歳以上という高齢社...
  • 国土交通省は民間団体が開設するドローンの技能講...
  • 博報堂は、襟に装着するタイプのマイクデバイスお...
  • 米大統領選以降、メディアに対してフェイクニュー...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.