経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

労使交渉現況に「労使知恵絞った成果」と榊原氏

2017年03月16日

 春季労使交渉・集中回答日の15日、日本経済団体連合会の榊原定征会長は「多くの企業では3年連続して賃金水準の底上げ、賞与・一時金の増額などを実施してきた。本日の回答を見る限り、ベースアップの実施や賞与・一時金の満額または前年実績以上の支給が太宗を占めている」とのコメントを発表した。

 榊原会長は「年収ベースの賃金引上げのモメンタムを継続すべく、労使で懸命に知恵を絞った成果であり、デフレ脱却と経済再生の実現に引き続き取り組んでいくという経営側からのメッセージであると高く評価したい」としている。

 また「今年は多くの企業労使が賃金に関する事項だけでなく、働き方改革の推進についても重点的に協議を行っていることが大きな特徴」とし「春季労使交渉・協議における大変重要なテーマになると考えられる」とこれから交渉する企業においても、賃金と働き方の改善が並行して交渉事項になっていくとの考えを示した。

菅義偉官房長官は同日の記者会見で、賃金アップや働き方改革などへの流れが中小企業や非正規雇用にも広がっていくことを期待していた。(編集担当:森高龍二)

労使交渉「4年間賃上げ積上げの意義重い」連合

非正規待遇改善が経済好循環につながる 榊原氏

個人消費が伸びない原因分析と対応必要 榊原氏

「賃上げは年収ベースで」榊原経団連会長

年収ベースでの賃金引上げを目指す 榊原会長

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • マイナーチェンジに伴って発売するポルテ特別仕様...
  • マツダが「東京オートサロン2018」に出展する3列シ...
  • リサーチサービス「飲食店.COM」は飲食店の決済手...
  • これまでプロセッサの分野で業界をリードしてきたI...
  • 就学前教育の義務教育(無償)化について、是非実...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.