経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

富士重の運転支援システム「アイサイト」搭載モデルの国内累計販売50万台突破

2017年03月18日

現在、自動車各社が搭載する「自動ブレーキ」の先...

 富士重工業が販売する運転支援システム「アイサイト」搭載モデルの国内累計販売台数が、2017年2月に50万台を達成した。2008年5月に日本で発売して以来、8年10カ月での達成となる。

 富士重が国内で初めて発売した「アイサイト」搭載車は2008年、レガシィに追加車種としてVer.1搭載車を設定したモデルだった。ステレオカメラと新開発 3D 画像処理エンジンンにより、優れたプリクラッシュセーフティ・アイサイト は、衝突被害軽減を実現する先進運転支援システムとして展開をスタートさせた。当時としては世界で初めてステレオカメラだけで「プリクラッシュブレーキ」「AT 誤発進抑制制御」「全車速追従機能付クルーズコントロール」を実現していた。

 富士重がこのVer.1を発売した当時、国土交通省は自動停止するブレーキを認めていなかったため、「プリクラッシュブレーキ」は“衝突回避”ではなく“衝突事故軽減”システムにとどまっていた。

 2010年に発売したVer.2では、“ぶつかるまえに止まる”自動ブレーキとなり、大ブレークすることになる。

 現在のアイサイトは、やはりステレオカメラのみで、自動車だけでなく歩行者、二輪車までも対象としたプリクラッシュブレーキや、全車速追従機能付クルーズコントロールなどを実現している。

 アイサイト搭載車は、現在日本をはじめ、豪州、北米、欧州、中国の各市場で販売しており、2016年11月に世界累計販売台数100万台を達成した。今後もグローバル展開を順次拡大していくとしている。

 アイサイトの予防安全性能については、アイサイトを搭載したスバル車が、米国でIIHS(道路安全保険協会)による2017年安全評価の前面衝突予防性能試験において最高評価「Superior」を獲得。

 また、日本では国土交通省とNASVAが実施する予防安全性能アセスメントにおいて最高評価であるJNCAP「予防安全性能評価 ASV++」に選定された。さらに、欧州の新車評価基準であるユーロNCAPにおける、2016年安全性能総合評価で最高評価のファイブスターを獲得するなど、第三者機関から高い評価を獲得している。

 現在、アイサイトの最新版はVer.3だが、富士重では2017年中に全速度域追従機能と車線維持システム、自動運転レベル2を達成するVer.4搭載車を発売する予定だ。スバルは今後も、「ALL-AROUND SAFETY」の考え方のもと、0次安全・走行安全・予防安全・衝突安全の各技術を進化させていくという。(編集担当:吉田恒)

富士重、ジュネーブショーにおいてコンパクトSUV新型「SUBARU XV」を世界初公開

自動車メーカー3社が相次ぎリコール 対象は30万台近く

2017年1月新車販売で異変。登録車ワンツーは日産車。評価された電動化と自動運転

1800万台の自動車グループ誕生。トヨタとスズキ、業務提携に向け覚書締結

2018年型「レガシィUSモデル」、2017年シカゴオートショーで発表

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 「睡眠の技術」によって、企業の健康経営と働き方...
  • サイバーセキュリティクラウドが「2016年度 サイ...
  • 今週平均の日中値幅は93円で100円以下。イベントに...
  • 鎮火まで丸12日間もかかったアスクル物流センター...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.