経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

AIが広告コピーを作成する時代に 電通が開発

2017年05月19日

電通は、AIによる広告コピー生成システム「AICO (...

 人工知能(AI)の研究と実用化が急速に進んでいる。そしてついにAIが広告のコピーを作成する時代になった。電通<4324>は、AIによる広告コピー生成システム「AICO (アイコ/AI Copy Writer)」(β版)を開発した。

 AIの急速な実用化は同社グループが担う広告コミュニケーション領域においても欠かせない技術になりつつある。例えば、今回のような人工知能による広告コピー生成が実現すると、TPO に合わせてリアルタイムにメッセージを変化させることができ、インターネット広告や屋外・交通広告などでよりパーソナライズした次世代型の広告配信が可能となる。

 同社は次世代型広告に関する研究を5年ほど前から行っており、その中で広告コピーの良し悪しによって広告効果がどのように変化するかの定量・定性的評価を行ってきた。そして、その研究をさらに発展させ、今回、静岡大学情報学部の狩野研究室(狩野芳伸准教授)との共同開発により、今回のシステム開発に至った。

 今回の発表に先駆け、電通と狩野研究室は、双方の知見・ノウハウ・データを組み合わせることで、昨年、「人工知能が書いたキャッチコピーによる新聞広告」を出稿している。その実現に当たっては、実際に広告制作の実務に携わっている当社のコピーライターが人工知能の学習をサポートすることで、より人間に近いコピーの生成を可能にした。

 今後同社は、この開発を手始めとして、発展的に研究開発を進め、より具体的な広告効果が期待できる広告生成の実用化を目指すとともに、人工知能と人間のクリエーターの協業による、これまでにない新たな広告手法の研究・開発を進めていくとしている。(編集担当:慶尾六郎)

環境音楽を聴いたときの気分変化から疲れがわかる 理研が解明

IoT時代に向けてAI技術者の大増員を図るパナソニック

今後3~5年以内にニーズが高まる技術、技術者はIoTやJavaなどに注目

深層学習により軽度認知障害からアルツハイマーへの移行を81%の精度で予測

大学発ベンチャー 業種最多は「サービス業」で大学は東大が最多

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 「空気の質」への関心が高まる中、パナホームは「...
  • 高齢化が進む日本では若い起業家が生まれにくい状...
  • 宝くじの売上は年々減少傾向にある。売上を高める...
  • 厚生労働省は、2016年度に民泊施設約1万件に対して...
  • 有権者は、それぞれの視点、尺度で、過去5年の安...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.