経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

2016年度の自動車小売業の倒産は前年度比29.4%増の110件

2017年05月19日

 2016年度は自動車業界において多くのニュースが飛び交った1年となった。三菱自動車工業とスズキの相次ぐ燃費不正問題により一部車種が販売停止を余儀なくされたほか、タカタによるエアバッグ問題が発覚し、大量リコールも発生した。このほかにも、米フォードが日本の自動車市場縮小などを理由に日本事業から撤退するなど、国内の自動車販売市場が変化した1年でもあった。こうした市場変化の影響は、消費者と直接向き合う小売業各社も同様に受けやすく、経営環境の変化に耐えられなくなった自動車関連小売業の倒産が懸念される。

 これを受けて、帝国データバンクでは、2000~2016 年度(17年間)の「自動車小売業」の倒産動向(法的整理を対象)について分析した。

 2016年度の自動車小売業(新車・中古車)の倒産(法的整理)は110件(前年度比29.4%)となり、2年ぶりに前年度を上回った。負債総額は133 億8200 万円(同 68.1%増)となり、2年連続で前年度比増加となった。

 業態別にみると、2016年度の新車小売業の倒産は13件(同 18.8%減)となり、2年連続で前年度を下回ったほか、2000 年以降の17年間で最少を更新した。一方、中古自動車小売業の倒産は97件(同40.6%増)となり、5年ぶりに前年度を上回った。負債総額は約 71億4400万円(同 20.1%増)となり、3年連続で前年度比増加となった。

中古自動車業界は、2011年に発生した東日本大震災による被災地需要や従前より海外での中古車輸出などが好調だったこともあり、倒産件数は減少傾向となっていた。しかし、海外では資源価格下落などの影響による輸出先の景気と需要が低迷。国内でも 2015年に軽自動車税が引き上げられたほか、燃費不正問題にともなう軽自動車の一部車種で販売停止措置が取られたことで登録台数が減少。加えて、過年度の新車市場の低迷で中古車買取台数が減少傾向にあったことや輸出の増加などで中古車の供給量が減少し「商品車両不足」の状態となっている。そうしたなかで、在庫確保などを目的に利幅の薄い買取競争が加熱するなど、業者間での競争が激化し収益を圧迫しつつあることが、中古自動車小売業の倒産が増加している背景と考えられるとしている。

 タイヤやホイールなどの販売などを行う自動車部品・付属品小売業の 2016 年度の倒産は23件(前年度比109.1%増)となり、3年ぶりの増加となった。負債総額は20億8700 万円(同39.6%減)となり、2年ぶりの減少となっている。自動車部品は自動車販売の低迷にともない、若者を中心としたカスタマイズパーツ需要も減少するなか、近時ではメーカー純正パーツの人気が高いほか、同業他社やホームセンターなど異業種との競合による価格競争がし烈となっている。加えて、タイヤなどのカーケア用品についてはインターネットを通じた販売も普及しており、こうした市場環境の変化も一因となって収益が悪化し、倒産に至るケースが散見された。(編集担当:慶尾六郎)

熊本地震後における被災地の景況感は震災直後に景気DIが大きく悪化したのち急速に改善

国内銀行112行の9月中間期の貸出金のうち地方公共団体向け貸出残高は28兆7,619億円と6年連続で増加

2016年度に「コンプライアンス違反」が一因になった倒産は178件 2年連続で前年度を下回る

太陽光関連事業者の倒産が68件で過去最多に

3月の「円安」関連倒産は2件 「円高」関連倒産も2カ月ぶりに発生なし

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 全労済協会は「勤労者の生活意識、協同組合に対す...
  • 副業などの働き方に関しては経営陣の理解を得にく...
  • ディスコが実施した『全国主要企業に対する採用活...
  • 国産リンゴを100%使用したスパークリングワイン「...
  • ロームは7月12日、コンチネンタルAG 社が主催する2...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.