経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

ミドルの仕事のやりがい 男女差から見て行くとわかること

2017年07月17日

エン・ジャパンが運営するミドル層専用の転職求人...

 エン・ジャパンが運営するミドル層専用の転職求人サイト「ミドルの転職 」上で、サイトを利用している35歳以上のユーザーを対象に「仕事のやりがい」についてアンケートを行ない、589名から回答を得た。

 「仕事でやりがいを感じるのは、どんなときですか?」という問いに、男性で多かった回答トップ3は「ひとつの仕事をやりとげたとき」(46%)、「目標を達成したとき」(43%)、「責任ある仕事を任されたとき」(43%)でした。一方、女性で多かった回答トップ3は「誰かの役に立てたとき」(52%)、「給与が上がったとき」(51%)、「ひとつの仕事をやり遂げたとき」(49%)だった。

 男女で10ポイント以上差があった項目は、「チームで仕事に取り組んでいるとき」(男性:31%、女性:19%)、「尊敬する人と仕事をしているとき」(男性:22%。女性34%)だった。

 「仕事でやりがいを感じるために、行なったことはありますか?」という質問に対しては、男性が女性より5ポイント以上高かった項目が、「チャレンジングな目標設定をする」(28%)、「部下の育成に努める」(25%)、「人脈を広げる」(25%)という結果。

 一方、女性が男性より5ポイント以上高かった項目は、「目の前の仕事に一生懸命取り組む」(67%)、「すすんで仕事を引き受ける」(43%)、「責任ある仕事を任せてもらう」(35%)、「転職する」(31%)、「新しい企画を上司を提案する」(29%)、「興味があることを周囲の人に話す」(27%)だった。

 女性の「給与が上がったとき」(51%)というのは、好きなものを好きなように買うことができることなので、それはとてもシンプルな気持ちだろう。男性の「責任ある仕事を任されたとき」(43%)は、自分自身を認めてもらうことができたという意味と同じだ。

 つまり、女性は現実的で、男性はもっとエモーションな部分にやりがいを感じるといってもいいだろう。(編集担当:久保田雄城)

アジア5ヶ国の若手ビジネスマン 職業観の違い

若手社会人の半数以上が割り切り 「仕事は生活費を稼ぐもの」

求人サイトの検索ワードに変化 「在宅」「子連れ」が急増している背景とは?

世界最大級コワーキングスペース“we work”から見る働き方

日本人の睡眠時間 6時間未満が4割

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • AIライターは、まだ完全にニュースライターの役割...
  • 2007年デビュー、5度目の改良を実施した200系ラン...
  • ヘルスケア分野では、機器類の表示や照明的な利用...
  • 高市早苗総務大臣は21日の記者会見で「時間や場...
  • プレミアムフライデー推進協議会の調査結果による...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.