経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

名車概論/東洋工業がロータリー専用スポーツとして開発、サバンナ「RX-7」

2017年08月12日

8月4日から千葉・幕張メッセで開催された「Automob...

 コンパクトで高出力なロータリーエンジン(RE)をフロントミッドに搭載するという、当時では革新的なレイアウトでデビューしたRE専用のスポーツカーが、1978年発表のマツダ「サバンナRX-7」である。

 当時のマツダは、まだ東洋工業と名乗っており、世界の自動車メーカーで唯一ロータリーエンジン搭載車を量産していた。RX-7はメイン市場の北米を中心に世界的大ヒットを収めたライトウエイト・スポーツだ。

 REは、シリンダーのなかをピストンが往復する運動を回転エネルギーに変えていた、いわゆるレシプロエンジンとはまったく異なった構造で、ガソリンの燃焼・爆発エネルギーを直接回転運動に変換する画期的で効率的なパワーユニットとされた。1960年代に、まず「コスモスポーツ」に搭載し、東洋工業はそのバリエーションを拡大していった。

 が、しかし、1973年の第一次オイルショックで、「ロータリーエンジンは“燃費が悪い”」とされ、急速に人気を落とす。とは言うものの、燃費/出力・比でみるならば、燃費はレシプロエンジンに対して劣っていたわけではない。573cc×2ローターの高出力・軽量コンパクトなパワーユニットを搭載したRX-7は、オイルショックのダメージからロータリーエンジンを復活させた立役者なのだ。

 RX-7がデビューした1978年、イラン革命を発端とする第二次オイルショックが起き、第一次オイルショックのときと同様に原油が値上がりし、日本国内では深夜のテレビ放送の自粛や、日曜・祝日のガソリンスタンド休業などが実施された。また、環境問題では、アメリカのマスキー法を受けて日本でも73年から排ガス規制「昭和48年規制」がはじまり、78年の「昭和53年規制」は、当時、ガソリンエンジン車に対し世界でもっとも厳しく排ガス浄化を求めるものとなった。

 そうした社会情勢や、環境規制の施行などは、クルマが大馬力を追及するには逆風の時代となった。その時代に、クルマへの夢を支える“一条の光”として登場したのがRX-7だった。

 その初代RX-7のボディ寸法は、全長×全幅×全高4285×1675×1260mm、ホイールベース2420mm。車重1005kg。現行のマツダ・ロードスターに比べて300mmほど長いが50mm以上スリークで、車高はほとんど変わらない。車重もロードスター比+15kgでほぼ同じ数値、小さくて軽いコンパクトな2+2座スポーツモデルだった。

 搭載したパワーユニットは前述のとおり12A型573cc×2ローターのRE。発売当時の最高出力は130ps/7000rpm、最大トルクは16.5kg.m/4000rpmだった。トランスミッションは5速マニュアルと3速オートマティックが用意されていた。エンジンが非常にコンパクトなことを利して、前述のようにフロントアクスルよりも後方にエンジンを配置するフロントミッドシップレイアウトで、2名乗車時に前後50.7対49.3 の絶妙な重量バランスを得たピュアスポーツとなった。

 1983年にRX-7は初のマイナーチェンジを受けたのを機に、最高出力165psのターボエンジンが搭載される。(編集担当:吉田恒)

マツダ「 CX-5」「アテンザ」全グレードに「i-ACTIVSENSE」標準装備

マツダ、3列シートの新型SUV「CX-8」の外観画像を先行公開、今秋発売

往年の名車が集結する「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」、8月4日開催

自動車メーカー各社のタカタへの引当額は1兆2,402億円

マツダ、CX-3に2リッターガソリンエンジン搭載車を追加、正式発表

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 10月27日から一般公開となる「第45回東京モーター...
  • ダイジョブ・グローバルリクルーティングは2か国語...
  • トラストバンクは地方移住に関する意識調査を実施...
  • 日本建設機械工業会が2017年度、2018年度の建機の...
  • 厚生労働省は「平成28年度 医療費の動向」を公表...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.