経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

不足しているのに空きがある? 矛盾する老人ホームの実態と、住宅の可能性

2017年08月13日

内閣府が発行している「平成29年版 高齢社会白書...

 株式会社タムラプランニング&オペレーティングが全国322自治体の第6期介護保険事業計画や同社が保有する最新の介護施設等のデータを基にとりまとめた「都道府県・市区・エリアデータ集」によると、介護施設等の需要量を要介護2以上と仮定すると、2020年には、全国の需要数373.4万人に対して、その時点の介護施設等の供給数は192.5万人分に留まり、180.9万人分の受け皿が不足すると予測している。政令市別では、横浜市と大阪市が2020年時点で5万人分以上不足と突出しており、名古屋市の3万3千人、京都市2万7千人と続く。この資料だけを見ても、全国の都市部において、特養や特定施設等の需要や居宅サービスにおけるマンパワー確保が、今後一層求められることになるのは明白だ。

 実際、すでに老人ホームのベッド数が足らないといわれている。介護や医療的なケアなどのサービスが受けられ、国などから補助金が出るため、年金の範囲内で入ることができる「特別養護老人ホーム」の全国のベッド数は56万床余り。しかし、入居待ちは推定52万人以上もいる。ところが、国が委託調査を行った結果、ベッドの稼働率は96%で100%に満たないことが判明した。入りたくても入れない高齢者が52万人もいる一方で、なぜベッドに空きがあるのか。

 もちろん、この「空き」には、入院や死亡による一時的なものや、入居者は決まっていても実際にはまだ入居してないというケースなども含まれているが、それだけではない。たとえベッドが余っていても、必要な人数の介護職員を確保できないため、定員いっぱいまで受け入れることができない施設も多いというのだ。今の時点で介護職員が不足しているのであれば、この先も高齢化が加速していく中で、この状況が劇的に好転するとは考えにくい。内閣府が発行している「平成29年版 高齢社会白書」によると、2065年には総人口に占める75歳以上人口の割合は25.5%、つまり約4人に1人が75歳以上の高齢者となると推計していることからも、介護職員の不足問題がさらに深刻化するのは避けられないだろう。

 入居を希望する高齢者側から見れば、施設が少ない。しかし、いくら施設を増やしたところで、稼働できる介護職員がいなければ、空き部屋が増えるだけ。介護職員の人数から考えると、すでに施設の数は飽和状態なのだ。この矛盾を解決する方法はないものだろうか。

 住宅業界でも、これからの高齢化社会にむけて、さまざまな取り組みが始まっている。例えば、アキュラホームは、2014年に設立した住生活研究所の活動の一つとして、京都大学の髙田光雄名誉教授ら6人の委員で構成する「住みごこち、住みごたえ、住みこなし推進研究会」を発足し、つくり手と住まい手が協力し合って、これからの住宅の在り方についいての研究を続けているが、2017年3月に行われたシンポジウムでは、まさにこの高齢化社会の問題についても取り上げられた。

 同委員の一人であり、株式会社社風代表取締役の大久保恭子氏は、パネルディスカッションの中で、高齢者は身体能力の低下や関係性の喪失はあるものの、学習能力は衰えないことを指摘。ゴミ問題や医療問題など実際の暮らし方とともに、「最期まで自宅でひとり暮らし」を貫くための自立を支援する住宅プランを提示している。

 できることなら最期の時まで、住み慣れた我が家で暮らしたいと希望する人は多いだろう。この先、施設への入居がさらに困難になることが予想される中、これらの希望と課題の両方を解決するカギは、高齢者でも安心して暮らせる「住みごこち」の良い住宅にあるのかもしれない。(編集担当:藤原伊織)

自宅も危なかった「屋内熱中症」から夏休み中の子供を守る方法

高齢者の「利用したくない」ロボット介護とは?

75歳以上の免許自主返納10万人以上 高齢者の事故も減少傾向に

IoT技術を活用した医療機器・システムの需要は増加 2025年の市場は2016年比2.2倍の1,685億円市場に

IoT活用の介護支援 安価に「がんばらない介護」を実現へ

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 安倍政権下で進めてきた「日米同盟深化」は北朝鮮...
  • 8月に入って日産が発表した日産を代表する電気自動...
  • 国交省はタクシーの配車アプリを使って、乗車前に...
  • 三菱重工が南アフリカの火力発電所建設で生じた損...
  • 訪日外国人が増加する中、SNSで海外向けに情報発信...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.