経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

自動車産業を悩ますリコール問題。優秀な部品サプライヤーへの注目高まる

2017年08月20日

ロームは7月12日、コンチネンタルAG 社が主催する2...

自動車産業に特化した研究調査会社、株式会社FOURIN (フォーイン)が発行している「世界自動車統計年刊 2016」によると、世界の自動車市場は6年連続で拡大成長を続けており、2015年は1.7%増と微増ながら8947万台まで拡大、9000万台市場も目前と見ている。

 資源の乏しい輸出立国である日本にとって、自動車関連産業は日本を支える基幹産業だ。経済面だけでなく雇用面でも、日本の全就業者数約6300万人の9%近くを占める550万人程度が自動車関連産業に従事しており、まさに日本を支える屋台骨ともいえる。トヨタ 、日産 、ホンダ などの大手メーカーのみならず、ブリジストン や小糸製作所 などの自動車部品サプライヤーも世界の市場で存在感を示している。

 そんな日本にとって、自動車業界の成長は喜ばしいことであるのは間違いないが、販売台数が伸びるにつれ、別の大きな経営課題も持ち上がっている。それが、近年度重なって発生しているリコール問題だ。日本メーカーでも、2009年から10年にかけて北米や日本などでトヨタ自動車が行った大規模リコールなどが記憶に新しいが、自動車部品の高度化や仕様の多様化など、急速な技術の進歩に伴って、ここ十年ほどの間に世界規模で大量リコールが発生しているのだ。また、リコールまでには至らなくても、個別の不具合に対応する無償修理や交換などのワランティ(製品保証)の支出も、年間数千億円規模に及ぶ自動車メーカーも少なくないとみられ、看過できない。自動車関連企業にとって、販売台数を伸ばすことももちろん重要だが、リコールやワランティの負担を削減することは、収益性の改善という意味でも火急の課題となっているのだ。

 リコールやワランティを削減するために必要なことは、まずは自動車部品サプライヤーの品質向上や製造プロセス、生産体制の改善だ。今後益々、製造者責任に対する意識向上が求められることになるだろう。自社を守るためにも、部品サプライヤーに対する自動車メーカーからの監査の目が厳しくなり、評価のハードルも高くなるのは間違いない。

 例えば、ドイツ・ハノーファーに本社を置く世界最大のタイヤ及び自動車部品メーカー・コンチネンタルAG 社は、早くからサプライヤーの評価を重要視してきた企業の一つだ。同社は2016年度、グループ全体で世界2700 社以上のサプライヤーから、約100 拠点の工場に約1200 億個の部品を購入しているが、その中から同社の定める一定基準を満たした900 社以上の戦略的サプライヤーに対して、品質や技術、物流、コストなどあらゆる面で総合的に評価を行い、優秀サプライヤーを表彰している。

 2016 年度は15 社が優秀サプライヤーに選ばれ、日本企業ではロームが汎用LSI、個別半導体部門において3年連続で「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞している。

 我々消費者はどうしても、最終商品を提供しているメーカーにばかり注目してしまいがちだが、一台の自動車は3万点近くにものぼる部品の集合体だ。その部品を提供しているのがサプライヤーであるならば、優秀な自動車メーカーとは、優秀な自動車サプライヤーの集合体と言ってしまっても過言ではないだろう。自動車部品の信頼性において、日本製品は世界的にも評価が高い。日本の将来のためにも、自動車部品サプライヤーの今後の躍進に期待したいところだ。(編集担当:藤原伊織)

スマホやノートパソコンのバッテリー事故に要注意

自動車メーカー各社のタカタへの引当額は1兆2,402億円

タカタが民事再生法適応申請か?メディア各紙が報じる

2016年度の自動車小売業の倒産は前年度比29.4%増の110件

燃費不正の影響で三菱自動車が約2000億円の赤字決算を発表

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • ホンダはナイジェリアで、品質と徹底したコスト削...
  • 2017年世界ラリー選手権最終戦、ラリー・オースト...
  • 総務省は7~9月期の労働力調査速報を発表。既に公...
  • 原材料費、燃料費、運送費の値上げとまさしく「三...
  • 人口構造の変化によって、人々の生活環境に対する...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.