経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

独・VW社の車両電動化が本格化、「フランクフルトショー2017」で公開

2017年09月13日

フォルクスワーゲンが2020年から発売するEV「I.D....

 独・フォルクスワーゲン(VW)の車両電動化が本格化してきた。ドイツ・フランクフルトで9月12日から開幕する(一般公開は9月14日から)世界最大のモーターショー「フランクフルトモーターショー 2017」の直前に、3台の電動自動車(EV)のコンセプトモデルを公開した。

 VW、2020年に発売する予定の“未来のゴルフ”の派生モデルである「I.D.CROZZ Ⅱ(アイ.ディ.クロス)」だ。「I.D. CROZZ Ⅱ」は、SUV と4 ドアクーペを融合したクロスオーバーモデルで、量産を意識して「I.D. CROZZ」を改良。ワイドなボンネット、クリーンな輪郭を描くフェンダー、光沢のあるブラック仕上げのルーフにより、パワフルで男性的な印象のエクステリアとなった。特徴的なデザインのLED ヘッドライトも、量産に向けた変更点のひとつで、VW製クロスオーバーらしい個性的なライトグラフィックとなった。

 インテリアも見直され、更なる開発の手が加えられています。“オープンスペース”と呼ぶ室内は、広々とした空間を提供し、多様なシートアレンジ・コンセプトを採用。B ピラーが無い構造のため、大型のスイング&スライドドアを開くと大きな開口部が生まれる。ドアはボイスコマンドで開閉を指示することができる新しいボイスアシスタントが装備されている。

 駆動方式は、VW独自の電動式4MOTION(4WDシステム)で、フロントアクスルおよびリヤアクスルには、それぞれ1個の駆動用モーターが搭載され、前後トルク配分は、“エレクトリック・プロペラシャフト”によって制御される。出力はシステムパワーで225kW、最高速度は180km/h に達し、1 回の充電で最大500km(新欧州ドライビングサイクル)を走行することが可能だ。急速充電システムを使用すると、この高性能バッテリーを30分で最大容量の8割まで充電可能だ。

 最大の重量物であるバッテリーを車両の中央部に搭載し、ふたつの駆動システムをフロントとリヤに配置し、理想的な前後重量配分が実現。これによって、「I.D. CROZZ Ⅱ」は、「VWゴルフGTI」に匹敵する優れたハンドリング特性が得られているという。

 新世代のVW「I.D.」ファミリーは、フォルクスワーゲンのEVモデルのラインアップを拡大させる。VWは、2020 年にゴルフクラスのセグメントに属するコンパクトなEVとして4ドア「I.D.」を発売し、SUV セグメントにモダンな「I.D. CROZZ」をデビューさせる予定。さらに、伝説的な名車となったVW「Bulli(ブリー)」(マイクロバス)をEV時代の思想で解釈し直した「I.D.BUZZ」も、2022年に市販する予定だ。(編集担当:吉田恒)

加速する車の「電装化」を牽引する、日本の高い技術力

自動車とエレクトロニクス。日本の二大産業の融合による自動車の未来とは?

独総選挙、ガソリンエンジン車を発明した国ゆえに、EV化推進できない理由

日産、第2世代EV「リーフ」をフルモデルチェンジして世界初公開

EVバブルに踊らない。内燃機関は死せず、新環境技術で存続させる

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 総務省とよると、決定額で最も多い自民党は176...
  • 「いい夫婦の日」には各地で夫婦向けのイベントが...
  • ホンダはナイジェリアで、品質と徹底したコスト削...
  • 2017年世界ラリー選手権最終戦、ラリー・オースト...
  • 総務省は7~9月期の労働力調査速報を発表。既に公...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.