ECOニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ECOニュース

学校給食への有機農産物利用推進に関して(2017年度実績ご報告)

株式会社ビオ・マーケット

株式会社ビオ・マーケット(大阪府豊中市 代表取締役社長:上野正哉)は、地球環境にやさしい循環型社会を支える一員として、食育を通して子供たちに豊かな未来を残していくことを目的に、京阪神エリアの小学校の給食での有機農産物の利用を推進しています。

有機農産物とは、種まき・植え付け前の2年以上及び栽培中に、原則として化学合成肥料や農薬を使用していない農産物のことで、収穫後も他の農産物と混ざらないように国の認証制度によって管理されています。有機農業は豊かな大地を守る為の土づくりから、収穫し子供たちが食べる学校給食になるまで、化学合成物質に汚染されず、環境に負担をかけないように管理されている生産システムです。

2017年度は、大阪府の計2市(茨木・吹田)で、合計53,447kgの有機野菜を学校給食のメニューに取り入れていただくことができました。
引き続き2018年度も、より多くの子供たちに有機野菜をお届けし、実際に食べていただくことで環境保全を応援し、豊かな未来を担う一員となっていただけるよう努めて参ります。

■2017年度 市町村・品目別有機野菜納品実績
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/158937/table_158937_1.jpg

株式会社ビオ・マーケットは、有機農産物の小売・卸売事業で1983 年の設立以来35年あまりの実績があり、有機農産物・有機加工食品の会員制宅配として国内最大規模の事業を展開し安心な食を提供するとともに、有機農業が持続発展する生産・流通システムの構築を推進しています。また、百貨店、量販店、専門店等への卸売販売に加え、直営の有機食品専門店として、さいたま市大宮区のビオ・マルシェ高島屋大宮店を展開しています。


詳細はこちら

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 日本組織内弁護士協会によれば、企業内で働く弁護...
  • 金融庁は6月7日、仮想通貨交換業者のFSHOに対し、...
  • Grab社とトヨタの協業スキームのイメージ
  • 2017年に3社連合で合わせて1060万台以上を販売し、...
  • TPCマーケティングリサーチが酒類の市場について調...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.