ECOニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ECOニュース

ソウルの創作フレンチレストラン「TocToc(トクトク)」が本年度の「注目のレストラン」ミーレ賞を受賞

アジアのベストレストラン50

ソウルの創作フレンチレストラン「TocToc(トクトutf-8

 本年5回目を数える「アジアのベストレストラン50」の部門賞のひとつである「注目のレストラン」ミーレ賞の本年度の受賞レストランが、韓国・ソウル市内に店を構えるモダン・フレンチレストラン「TocToc(トクトク)」に決定いたしました。ドイツの高級家電メーカー、ミーレ社が本年スポンサーを務める「注目のレストラン」賞は、「アジアのベストレストラン50」の運営団体が各エリアの“食”の専門家と共に、近い将来トップ50リストにランクインする可能性が最も高いレストランを選び出し、授与している部門賞です。


 世界的なナチュラル・ミネラルウォーターのブランドとして知られるサンペレグリノとアクアパンナがメイン・スポンサーを務める「第5回アジアのベストレストラン50」の本年の授賞式は、タイのWバンコクで来月21日に開催され、「TocToc(トクトク)」のオーナーシェフであるキム・テチュン(Kim Dae-chun)氏が列席する予定です。

 元々音楽家としてのキャリアを積むために来日したテチュン氏は、日本滞在中に料理の魅力に目覚め、東京の料理専門学校でその基礎を学びました。そして、2008年に韓国に帰国すると、日本で身に付けたフランス料理、イタリア料理、日本料理の技術に加え、フロアでのサービスに関する知識をより確実なものにするため、ソウル市内のレストランで修行を積みました。これらの経験は、テチュン氏が「TocToc(トクトク)」を成功に導くために、大きな役割を果たしたことは言うまでもありません。

 フランス語でノックの音を意味する「TocToc(トクトク)」は、2013年4月にソウルの狎鴎亭(アックジョン)にオープンすると、韓国の四季折々の素材の魅力を強く押し出したモダン・フレンチを提供する店として、瞬く間に評判となりました。美食への飽くなき探究心と高度な技で作られる料理を、カフェのようなカジュアルな内装の店内で提供するのも同レストランの特徴のひとつと言えます。韓国産の海産食材を使った料理を得意とするキム・テチュン氏の完璧なプレゼンテーションや味わいのコンビネーションは高い評価を獲得しています。

 「アジアのベストレストラン50」の「注目のレストラン賞」はこれまで、シンガポールの「ジャーン(JAAN)」(2013年)、香港の「天空龍吟(Tenku RyuGin)」(2014年)、ソウルの「羅宴(La Yeon)」(2015年)そして、昨年は東京の「フロリレージュ」といった人気レストランが、それぞれ受賞しています。

 「栄誉ある「注目のレストラン」ミーレ賞に選ばれたことを光栄に思います。今回の受賞を私達の料理が評価された証と受け止め、これを励みに、将来「アジアのベストレストラン50」のリストに名前を刻めるよう、日々精進して参ります。」(受賞にあたってのキム・テチュン シェフのコメント)

 「アジアのベストレストラン50」は新しい才能の発掘と支援を目的の一つに掲げており、ミーレ社がスポンサーを務める「注目のレストラン」賞はまさにこの精神を反映するものです。シェフのキム・テチュン氏が生み出す、地元の高品質な食材を使ったクリエイティブな料理の数々は、近年のソウルのダイニングシーンに大きな変化をもたらしました。レストランの人気の高さと最高の食を提供するというスタッフの意気込みを鑑みると、今後「アジアのベストレストラン50」に同店がランクインする可能性は非常に高いと言えます。(「アジアのベストレストラン50」のグループエディター、ウィリアム・ドリューのコメント)

 「我々は、革新的な創作料理を生み出すシェフ、キム・テチュン氏がこの賞を受賞したことを祝福いたします。私たちは、革新的精神は永遠に続いてゆくものと確信しています。この賞は、常に進化し続け、すばらしい食事の機会を人々に提供する特別なシェフに与えられる賞です。そして、この精神は、ミーレ・ブランドの考え方そのものであり、当社の家電製品を生み出す源でもあるのです。」(ミーレ社のアジア地域マネージング・ディレクター、マリオ・ミランダ氏のコメント)

 なお、本年度の「トップ50」レストランの結果は、来月21日にバンコクで開催される授賞式にて発表する予定で、以下のソーシャル・メディアでもライブ配信いたします。

Twitter : @TheWorlds50Best #Asias50Best
Facebook : https://www.facebook.com/Asias50BestRestaurants
Instagram: @TheWorlds50Best
YouTube : Worlds50Best
ライブストリーミング: http://www.finedininglovers.com (サンペレグリノおよびアクアパンナ提供)


【ウィリアム リード メディア グループについて】
 「アジアのベストレストラン50」は、2002年より発表している「世界のベストレストラン50」、2013年9月に開始した「ラテン・アメリカのベストレストラン50」も手掛けるウィリアム リード メディア グループにより運営されており、同リスト選出にかかわる投票システム、リスト作成、授賞式の運営に関するすべての責任を担っています。


【「注目のレストラン」賞スポンサー、ミーレ社について】
 ミーレ社は、焼き調理器具およびスチーム調理器具、冷凍庫などの製品、コーヒーメーカー、食器洗浄機、洗濯機、掃除器具を含む、高級家電製品を製造する世界的なメーカーです。また、同社の業務用機器は、ミーレ・プロフェッショナル社が販売しています。1899年にドイツで創業したミーレ社は、現在、中国、香港、インド、日本、韓国、マレーシア、シンガポール、タイとアラブ首長国連邦を含む9つのアジア市場において、47の販売子会社を展開しています。

詳細はこちら

ソウルの創作フレンチレストラン「TocToc(トクトutf-8ソウルの創作フレンチレストラン「TocToc(トクトutf-8ソウルの創作フレンチレストラン「TocToc(トクトutf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 「空気の質」への関心が高まる中、パナホームは「...
  • 高齢化が進む日本では若い起業家が生まれにくい状...
  • 宝くじの売上は年々減少傾向にある。売上を高める...
  • 厚生労働省は、2016年度に民泊施設約1万件に対して...
  • 有権者は、それぞれの視点、尺度で、過去5年の安...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.