ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

武田薬品工業、relugolixは子宮筋腫などの症状改善に良好

2017年10月08日

武田薬品工業、relugolixは子宮筋腫などの症状改善に

子宮筋腫を対象とした臨床第3相検証試験の主要評価項目で良好な結果
武田薬品工業株式会社は10月3日、ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH:Gonadotropin-Releasing Hormone)受容体拮抗薬relugolixの子宮筋腫を対象とした臨床第3相検証試験において、主要評価項目で良好な結果を得た、と発表した。

relugolix投与群の82.2%が月経時出血量減少
Relugolix(TAK-385)は、下垂体のGnRH受容体を阻害して、黄体形成ホルモン(LH)や卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌を阻害するため、エストロゲン・プロゲステロンが抑制され、子宮筋腫や子宮内膜症の改善する、と期待される。

臨床第3相検証試験(TAK-385/CCT-002試験)は、症状のある子宮筋腫を有する日本人女性を対象に、relugolix投与群と、対照群となるリュープロレリン酢酸塩の投与群を比較する、無作為化、二重盲検、並行群間、多施設共同試験である。

Relugolixを経口投与した投与群と、リュープロレリン酢酸塩を注射薬として投与した対照群、両群あわせて約280名を対象に24週間実施された。

その結果、主要評価項目のPBACスコアは、対照群83.1%と比較して、relugolix群82.2%と統計学的に非劣性であることを示した。つまり、relugolix投与群患者の82.2%は、月経時出血量が減少した。

副作用として、不正子宮出血、ほてり、月経過多、頭痛などが比較的多く認められたが、安全性プロファイルと同様であったとのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

武田薬品工業株式会社のニュースリリース
http://www.takeda.co.jp/news/2017/20171003_7850.html

記事提供:leaf-hide

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • これまでプロセッサの分野で業界をリードしてきたI...
  • 就学前教育の義務教育(無償)化について、是非実...
  • 政府は教育無償化を行ううえで2兆円規模の政策パッ...
  • マーシュは「お金と仮想通貨に関するアンケート調...
  • 『雇用延長制度』について、89%の方が「賛成」と...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.