ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

2018年CES、AIに焦点を当てた新セッションを発表

2018年01月08日

IBM幹部のブリジット・カーリン氏、ドナ・N・ディレンバーガー氏、ベス・スミス氏が、AIがビジネス世界をどう変革するかを解説

ラスベガス

(ビジネスワイヤ) -- CES®を所有・運営する全米民生技術協会(CTA)は本日、新たな2018年CESスーパーセッションに、IBMから、最高技術責任者(CTO)兼GTS技術・革新・自動化担当副社長のブリジット・カーリン氏、IBMエンタープライズソリューション担当フェローのドナ・N・ディレンバーガー氏、IBMワトソン担当ゼネラルマネジャーのベス・スミス氏を迎えると発表しました。

1月10日午後2~3時にLVCCテックイーストの北ホールN257で実施するセッション「Turning AI into New Ways of Doing Business(AIを新たなビジネス手法に変える)」では、エンゲージメントの強化と調査の加速を通じて顧客により良いサービスを提供するためにプロがこの技術を仕事に活用している方法と、AIの未来について議論します。

CTAのCESおよびコーポレート事業戦略担当シニアバイスプレジデントのカレン・チュプカは、次のように述べています。「AIには世界を変える力があり、IBMなどの企業はCESプラットフォームを使用して最新の画期的成果や知見を共有しています。ビジョンの共有にCESの舞台を利用する多数の高名な講演者のリストにこれらのリーダーを加えることができ、うれしく、そして誇りに思います。このパネルは、世界中のあらゆる業界の企業がIBMワトソンをいかに仕事に活用し、AIを通じてワークフロー、データセット、知見を管理しているかについての素晴らしい知見を提供します。」

2018年CESでは、AIの未来に関する新たなマーケットプレイスカンファレンストラックを実施します。AIは、今後10年間の重要な技術要素として、自動車、健康、住宅、ロボット工学、農業を含むすべての業界で消費者向け技術の用途に組み込まれつつあります。2018年CESでは、そのユーザー価値にさらに焦点を当てながら、世界を向上させる力を持つAI技術革新を紹介します。

カーリン氏は、次のように述べています。「私たちは、あらゆる業界の企業がデータを中心に自社を再構築する必要に迫られている驚くべき時代を迎えています。AIを用いてそのデータを活用することで、人間と技術の新しい協力関係が生まれます。IBMでは、人間と機械の組み合わせが企業に最大の価値をもたらすと考えています。」

2018年CESは、技術革新のための国際舞台であり、2018年1月9~12日にネバダ州ラスベガスで開催されます。

2018年CESの3つの新エリアをご覧ください。CESの高精細ビデオのBロールは、CESbroll.comで容易にダウンロードできます。CESフォトギャラリーでCESの展示フロア、基調講演、カンファレンス・セッション、イベント、授賞式の独占的写真をご覧ください。

全米民生技術協会が作成したInside CES 2018 – Trends and Takeaways(2018年CESガイド – 傾向と見どころ)では、ほかでは入手できない独占的なCTAの調査・動向分析など、CES全体の完全な概要を提供しています。今後1年間の技術業界に影響を及ぼす最も重要な傾向をご理解いただけます。詳細をご覧になり、今すぐご注文ください

CESについて:

CES®は、消費者向け技術のビジネスで力強い成長を見せている企業のための集まりです。50年にわたり、次世代の革新が市場に紹介される国際舞台となり、イノベーターや画期的な技術がその力量を試すことができる場としての役割を果たしてきました。CESはこの種のものとしては最大の実践的なイベントで、業界のあらゆる側面を取り上げています。全米民生技術協会(CTA)が所有・運営し、世界中のビジネスリーダーや先駆的企業が参加しています。CESのビデオハイライトをご覧ください。CESをオンラインのCES.techおよびソーシャルメディアでフォローしてください。

全米民生技術協会について:

全米民生技術協会(CTA)は、米国で1500万件以上の雇用を支え、米国の3210億ドル規模の消費者向け技術業界を代表する業界団体です。2200社を超す企業(80パーセントが小規模企業と新興企業で、その他の企業は世界で最も有名な企業に数えられています)が政策提言、市場調査、技術教育、産業振興、規格開発、ビジネス関係・戦略的関係の構築など、CTA会員の利点を享受しています。CTAはまた、消費者向け技術のビジネスで力強い成長を見せている企業が集う場となるCES®を所有・運営しています。CESから得た利益は、CTAの業界サービスに再投資されています。

今後のイベント

CESメディアデー2018年1月7~8日、ネバダ州ラスベガス CESアンベールド・ラスベガス1月7日、ネバダ州ラスベガス 2018年CES – 登録1月9~12日、ネバダ州ラスベガス CES Asia 20186月13~15日、中国・上海

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Consumer Technology Association
Allison Fried, 703-907-7603
afried@CTA.tech
www.CTA.tech
または
Justin Siraj, 703-907-7415
jsiraj@CTA.tech
www.CES.tech

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 昨年10月世界最大の浮体式洋上風力発電所が、スコ...
  • 日本能率協会が2018年度の新入社員を対象に意識調...
  • 人材サービスのサイコム・ブレインズが女性活躍に...
  • 日本国内の2017年度の仮想通貨の取引額は69兆円で...
  • 建築業界では3Dプリンターを主に建築模型に利用し...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.