ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

GSMAの新調査:IoTがもたらす1兆1000億ドルの収益機会でシェア拡大を目指す通信事業者は、接続性以外にも目を向ける必要あり

2018年05月31日

GSMAインテリジェンスが世界におけるIoTの接続件数と収益の予測を発表

ロンドン

(ビジネスワイヤ) -- GSMAインテリジェンスの新しいデータによると、モノのインターネット(IoT)の世界市場は、2025年までに売上高が1兆1000億ドル1に達し、IoT市場の価値は接続性からプラットフォーム、アプリケーション、サービスへと移行する見込みです。その時点のIoT接続件数(セルラー2および非セルラー)は、主として産業IoT市場の成長に後押しされ、250億件以上に達する見通しです。アジア太平洋地域は接続件数と収益3の両方において、世界最大のIoT地域になると予測されています。

GSMAインテリジェンスのIoT担当主任アナリストのSylwia Kechicheは、次のように述べています。「接続された消費者向け機器や産業機械の数が急増するに伴い、IoTエコシステムは今後10年間に、1兆億ドル規模の市場へと発展するでしょう。しかしIoTの収益機会は、単なる機器同士の接続から、特定分野向けにカスタマイズされたソリューションへと移行しています。エコシステムの企業が成功を収めるには、こうした市場の動向に合わせて、ビジネスモデルを適応させる必要があります。」

接続以外の収益機会を求めて

この間、接続サービスによる収益は増加しますが、2025年にIoTの収益機会全体で占める割合はわずか5パーセントのため、市場価値のシェア拡大を目指す通信事業者が自社の能力を接続サービス以外に拡大する必要性が示されています。すでに多数の通信事業者が、IoTに特化した事業部門やサービスを立ち上げ、こうした課題に対応しています。

その一方、プラットフォーム、アプリケーション、サービスの分野がIoTの収益全体で占める割合は増え続け、2025年には全体の3分の2(68パーセント)を占める見通しです。このカテゴリーは、プラットフォーム、アプリケーションサービス、クラウド、データ分析、セキュリティーなど、複数のIoT分野を網羅します。2025年までに、システム統合、マネージドサービス、コンサルティングを含むIoT専門サービスが、IoT収益全体の残り27パーセントを占めるでしょう。

産業IoTが接続件数の成長を後押し

GSMAインテリジェンスは、世界のIoT接続件数(セルラーおよび非セルラー)の合計が、2016年の63億件から2025年には計252億件に達すると予測しています。その時点で産業分野、すなわち企業や垂直分野に特化したアプリケーションで採用されるIoTソリューションが、接続総数の半分以上(138億件)を占める一方、消費者分野におけるIoT接続件数は、スマートホーム市場の発展がけん引し、114億件に達する見通しです。

GSMAインテリジェンスの責任者を務めるPeter Jarichは、次のように語っています。「IoTの収益機会全体で、接続性が占める割合がほんのわずかになることは、周知の事実です。当社のIoT接続に関するデータを、この重要な新しいデータセットとIoT収益に関する分析情報で補完すれば、通信事業者、ベンダー、インテグレーター、そしてIoTエコシステムの関係者は、どこに市場機会があるのか、包括的で現実的な視点を得られるでしょう。」

IoT接続と収益に関する予測は、GSMAインテリジェンスのプラットフォームで、フルサービスの購読者に提供しています。このデータセットは、2010~2025年における世界中の全地域について予測しています。以下の2つの付随報告書が、解説とさらなる洞察を提供しています。

「IoT:1兆億ドルの収益機会」(2018年5月)

「IoT:接続性とサービスの次なる波」(2018年3月)

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち300社以上は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、GSMAモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ、モバイル360シリーズのカンファレンスなど、業界を主導するイベントの開催も行っています

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

1 IoTハードウエアによる収益は除きます(機器、モジュール、チップセット)。

2 有免許セルラーIoTは、セルラーM2M(2G/3G/4G/5G)およびモバイルIoT(NB-IoT/LTE-M)を指します。

3 GSMAインテリジェンスは、2025年までにアジア太平洋地域の収益が3860億ドル(世界合計の35%)、接続件数が110億件(世界合計の44%)に達すると予測しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

For the GSMA
Beau Bass
+44 79 7662 4962
beau.bass@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • オーナーズ・スタイルが「入居者トラブルについて...
  • 日産、車両の軽量化に向けて「超高張力鋼板」の採...
  • 「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措...
  • フランス・ル・マン24時間レース会場において公開...
  • 日本組織内弁護士協会によれば、企業内で働く弁護...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.