ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

コミュニケーション・スキルを改善するための戦略 より良いコミュニケーターに

2018年06月08日

コミュニケーション・スキルを改善するための戦略 よ

しっかり自己主張を 攻撃的にはならず意見や求めることを伝える
コミュニケーション・スキルを改善し、より良いコミュニケーターになるには、自分を知ることが大切だ。感情に任せず、問題の解決などにつながるコミュニケーションの実現方法を、Kathleen Smith氏がPSYCOMの5月29日の記事で紹介した。

スポーツなどでは、「アグレッシヴになれ」と良く言われるが、コミュニケーターには「アサーティヴ(自己主張をする人)になる」ことが求められる。人を傷付けたり、攻撃的になったりせず、自身の意見や相手に求めたいことを伝えることができる人になるべきだ。全ての意見に同意するような受け身の姿勢にはならず、物事を自発的に発信していくと良い。

過去の問題などを蒸し返さず 目の前のものにフォーカスを
家族や友人、そして職場の同僚などと話すとき、過去の問題などを蒸し返したり、不平不満を言ったりして、目の前の問題にフォーカスしていないことがある。見聞きした現状をしっかりと伝え、相互で問題などを明確にしなくてはならない。

また、「いつも」や「今まで一度も」など、感情的な言葉の使用を避けることも大切だ。例えば配偶者が、食べ終わった皿をシンクの中に置いたままにしているとき、「私はこういう現状が嫌いなの。どうしたら解決できるかな?」など、言い争いをする方向ではなく、問題を解決する方向に、状況を持っていくと良いだろう。

(画像はイメージです)


▼外部リンク

PSYCOM
https://www.psycom.net

記事提供:leaf-hide

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 新規開発色のエターナルブラック「神威(かむい)...
  • 在日仏大使館公邸でお披露目となった新型「アルピ...
  • 保育士が不足していても保育所を設置できるよう、...
  • 国会は7月22日までに会期延長になった。働き方...
  • 帝国データバンクが「女性社長比率調査(2018年)...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.