ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

鹿島とウィンクスが共同で既存埋設物検知システムを開発

2018年06月13日

鹿島とウィンクスが共同で既存埋設物検知システムを開

重機掘削作業による埋設物の破損を回避
鹿島は、ウィンクス(株)と共同で既存埋設物を検知するシステムを開発し、青森県の建設工事の掘削作業に同システムを実験的に適用した。6月11日付の同社プレスリリースによると、その結果は良好であったとしている。

このシステムは、高精度測位機能を持つパナソニック製のタブレット端末を活用することで、既設水道管などの既存埋設物の位置を正確に把握できるというものだ。

重機の操縦席にこのタブレットを設置すると、地図上に自らの位置と予め入力しておいた埋設物の位置とが表示される。埋設物に近づくと光と音で警告して破損事故を防ぐ仕組みだ。

これまでも、これに近い測位機能を持ったスマートフォンなどは普及していた。だが、測位誤差が数メートルから数十メートルにも及んでいたため、このような作業には不向きだった。今回の高精度測位技術では、その誤差は10センチメートルレベルという。

適用実験を積雪時に実施
同システムの適用実験は、青森県つがる市のウィンドファームつがる建設工事において、送電線を埋設する連続掘削作業にて行われた。

結果は、冬季で積雪がある状況下で行われたにもかかわらず、システムの機能により、安全に掘削作業を終えることができたとしている。

(画像は鹿島ホームページより)


▼外部リンク

鹿島プレスリリース
https://www.kajima.co.jp/news/press/201806/11c1-j.htm

記事提供:leaf-hide

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 野田聖子総務大臣は22日の記者会見で、自治体に...
  • グローバルでも最大級のラグジュアリー4座オープン...
  • ジーズブレインは「ファミ通ゲーム白書2018」の25...
  • 新型フォレスター、写真はシルバー加飾のアクセン...
  • 2016年7月からの1年間に使いきれずに破棄された抗...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.