ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

ペット(犬猫)の総合傷病ランキングで請求件数最多は「皮膚炎」、アイペットの調査

2017年05月19日

ペット(犬猫)の総合傷病ランキングで請求件数最多は

ペットの傷病ランキングで皮膚炎、外耳炎などが上位に
アイペット損害保険株式会社は5月16日、2016年に契約者に支払いをした事案を対象に集計をした「ペットの傷病ランキング」を発表した。

調査は、2016年の1年間に直接同社に保険金の請求をし支払いをした事案(同一請求で複数治療をした場合は除外)を集計したもので、調査サンプル数は約4万件となっている。

総合傷病ランキング(犬猫、年齢不問)では、請求件数が最も多い傷病は「皮膚炎」となり、以下「外耳炎」、「下痢」と続いた。この理由について同社は、どの年齢の犬猫にもかかり易い傷病であるとともに、飼い主が症状に気づき易く受診につながったとみている。

なお、請求件数で第7位だった「骨折」が、平均診療費で119,390円となり、上位10位以内での最高額だったという。この理由は、一般的な治療方法として、全身麻酔での手術のほか、ギブスの巻き直しや骨の状態をみるレントゲン検査などでの通院期間(1~4カ月)が影響し、負担が大きくなっているとのこと。

犬は骨折や膝蓋骨脱臼、猫は泌尿器系の疾患が上位に
犬に特徴的だった傷病は、小型犬に多く手術を伴う可能性がある「骨折」や「膝蓋骨脱臼」といった傷病が多く、また猫では、「膀胱炎」や「腎不全」、「尿石症」といった泌尿器系疾患が多いことが特徴的という。

さらに、手術を伴う傷病に限定して集計をした手術ランキング(犬猫、年齢不問)の結果、高齢の犬猫によくみられる「腫瘍」が第1位となり、以下第2位は「歯周病」、第3位は「異物誤飲」となった。

また、CTやMRIなどの医療機器の発達や、技術の進歩による専門医の増加、手術に伴う入院等によって手術費用は高額になる傾向があり、請求件数では第7位の「椎間板ヘルニア」の平均診療費が329,451円と、上位10以内では最高額だったとのこと。

(画像はアイペット損害保険株式会社HPより)


▼外部リンク

アイペット損害保険株式会社 プレスリリース
https://www.ipet-ins.com/news/petresearch0516.html

記事提供:leaf-hide

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • Facebookの開発する交渉できるAIが、独自の言語を...
  • 米国で、原子力発電所のコンピューター・ネットワ...
  • 国別のセキュリティ対策の状況の分析及び可視化が...
  • 電気自動車のスーパーカーを開発中のベンチャー企...
  • ディープラーニングでは、ニューラルネットワーク...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.