ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

HIV感染症治療薬「OBP-601」欧州で特許査定

2017年08月13日

HIV感染症治療薬「OBP-601」欧州で特許査定

世界最大シェア「テノホビル」の耐性ウイルスにも効果示す
オンコリスバイオファーマ株式会社(以下、オンコリスバイオファーマ)は8月9日、 HIV感染症治療薬として研究開発を進めているOBP-601(Censavudine)について、化合物に関する欧州特許出願の特許査定を受けたと発表した。

今回登録査定を受けた特許発明は、核酸系だけではなく、非逆転写酵素阻害剤(NNRTI)の耐性ウイルスにも強い効果を示し、現在抗ウイルス薬として世界最大シェアであるテノホビルの耐性ウイルスにも効果を示すのが特徴。日本、米国、中国などの13か国において、既に特許登録されている。

用法・用量設定のPhase 2b臨床試験でエンドポイント達成
OBP-601 は、これまでに米国で健常男性におけるPhase 1a試験、フランスで感染患者に対するPhase 1b/2a試験を、それぞれ終了している。

さらに、Bristol-Myers Squibb Co.(BMS)の主導により、17か国94施設において約300名のHIV感染症患者を対象に行われた、用法・用量設定を目的としたPhase 2b臨床試験では、エンドポイントを達成。

OBP-601は、HIVの複製に必須である逆転写酵素を阻害するHIV感染症治療薬で、オンコリスバイオファーマは、2006年6月に、同剤の特許を出願・保有する米国Yale大学と、全世界における独占的ライセンス契約を締結しパイプラインとして導入、開発を続けてきた。

同社は、今後もOBP-601の開発促進を図るとともに、高い医療現場ニーズの充足を目指すとしている。

(画像はオンコリスバイオファーマ株式会社 ホームページより)


▼外部リンク

オンコリスバイオファーマ株式会社 ニュースリリース
http://v4.eir-parts.net/

記事提供:leaf-hide

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 「空気の質」への関心が高まる中、パナホームは「...
  • 高齢化が進む日本では若い起業家が生まれにくい状...
  • 宝くじの売上は年々減少傾向にある。売上を高める...
  • 厚生労働省は、2016年度に民泊施設約1万件に対して...
  • 有権者は、それぞれの視点、尺度で、過去5年の安...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.