ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

日本生命、就業不能保険を10月に発売 病気・ケガのほか、精神疾患も対象

2017年08月14日

日本生命、就業不能保険を10月に発売 病気・ケガのほ

60日以上の就業不能状態をサポート
日本生命は、2017年10月2日より、「ニッセイ就業不能保険(無解約払戻金)“もしものときの・・・生活費”」を新しく販売することを、8月10日発表した。

この商品は、入院や在宅療養などで所定の就業不能状態が60日以上継続した場合に、顧客ならびに家族の、支出増加や収入減少に伴う経済的負担を和らげ、生活費をサポートする。また、病気やケガの内容を限定せず、精神疾患により就業不能状態となったときにも保障をする。

開発の背景
生活保険文化センターが行った「平成27年度 生命保険に関する全国実態調査」によると、就業不能となった場合の必要生活資金について、約8割の78.8%の人が「不安」と回答した。

また、同社がこれまでに病気やケガなどで入院もしくは在宅療養を経験した人達にアンケートを実施したところ、約4人に1人が「2カ月以上休んだことがある」と回答した。

さらに、公的保障の受給状況をみてみると、障害年金の受給者は2003年から2012年までの10年の間で、30万人ほど増加し、受給者数も198万人(2012年)となっている。

そのため、公的保障を受給したとしても、健康なときほどの収入を維持することは困難となり、さらに治療費、家事・育児代行費などの負担がかかり、生活費が不足することが懸念される。

日本生命はこのような社会的背景や顧客のニーズをふまえ、新商品を開発した。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日本生命 ニュースリリース
http://www.nissay.co.jp/news/2017/pdf/

記事提供:leaf-hide

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 安倍政権下で進めてきた「日米同盟深化」は北朝鮮...
  • 8月に入って日産が発表した日産を代表する電気自動...
  • 国交省はタクシーの配車アプリを使って、乗車前に...
  • 三菱重工が南アフリカの火力発電所建設で生じた損...
  • 訪日外国人が増加する中、SNSで海外向けに情報発信...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.