ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

平成28年度の高齢者虐待の状況を発表 山形県

2017年09月09日

平成28年度の高齢者虐待の状況を発表 山形県

高齢者施設の虐待、昨年度より3件減少
山形県は9月4日、「平成28年度の高齢者虐待の状況」についてまとめたものを発表した。

これによると、介護施設などにおける高齢者虐待数は1件。前年度と比べると、3件減少している。この1件は、特別養護老人ホームにおける身体的虐待及び心理的虐待。50代男性介護職員が「要介護度4」の80代の男性に対して、怒鳴ったり、首を握ったりしたもの。

家庭内での虐待は155件
家庭内における高齢者虐待数は、前年度より35件減少の155件だった。

虐待を受けている高齢者の75%が女性で、78歳以上の後期高齢者への虐待が78%と非常に多い。

虐待者は「息子」が最も多く48%。約半数を占めている。次いで「夫」21.1%、「息子の配偶者」10.5%と続いた。

虐待の種別は「身体的虐待」最も多く、66.5%。次いで「心理的虐待」43.5%、「経済的虐待」18.0%となっている。

虐待のサインに気づいて
山形県では高齢者の虐待防止対策として、さまざまな取り組みを行っているが、県民一人ひとりの「気づき」も虐待の防止につながるとして、高齢者や家族からのサインに注意してほしいと呼びかけている。

虐待を受けている高齢者からのサインには、「不自然なケガや傷がある」、「急におびえたり、怖がったりする」、「無気力」、「栄養失調や脱水症状」、「悪臭、服装の汚れ」などがある。

一方、介護疲れの家族からのサインには「無気力、投げやり」、「高齢者をどなる」、「しつけと称してたたく」、「高齢者の世話に対する不平・不満が多い」、「保健・福祉担当者と会うのを嫌がる」などがある。

身のまわりで思い当たることがあれば、自治体や「地域包括支援センター」に相談してほしい。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

山形県のプレスリリース
http://www.pref.yamagata.jp/

記事提供:leaf-hide

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 10月27日から一般公開となる「第45回東京モーター...
  • ダイジョブ・グローバルリクルーティングは2か国語...
  • トラストバンクは地方移住に関する意識調査を実施...
  • 日本建設機械工業会が2017年度、2018年度の建機の...
  • 厚生労働省は「平成28年度 医療費の動向」を公表...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.