行政ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 行政ニュース

NSGグループが開志専門職大学(仮称)の設置構想を発表 『専門職大学・専門職短期大学進路指導研究ゼミナール』開催

NSGグループ

NSGグループが開志専門職大学(仮称)の設置構想utf-8

NSGグループの学校法人新潟総合学院は、平成30年2月26日にホテルイタリア軒(新潟市中央区)にて開催された株式会社さんぽう(東京都渋谷区)主催の新潟県高等学校教員向け『専門職大学・専門職短期大学進路指導研究ゼミナール(新潟県教育員会後援)』において開志専門職大学(仮称)の設置構想を発表した。

専門職大学は昨年の学校教育法の一部改正により制度化された新しい大学です。このゼミナールでは文部科学省高等教育局主任改革官の塩原 誠志様より「専門職大学・専門職短期大学の概要とその目指すもの」について基調講演が行われました。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1144/26102/500_331_201803011755585a97c01e41a3e.jpg

基調講演後に学校法人新潟総合学院から新潟市中央区に2020年4月に開学を目指す開志専門職大学(仮称)の設置構想について報告をいたしました。開志専門職大学(仮称)は、理論に裏付けられた豊かな創造力と高度な実践力を身につけ、社会や産業界の変化に自ら対応し、国際的にも活躍できる人材の育成を目的としています。新たな事業を創造する人材を育てる「事業創造学部 事業創造学科」、国際的な観光業界の中核を担う人材を育てる「国際観光学部 国際観光学部」、人工知能・IoT等の高度情報社会に強く求められている高度情報技術の専門人材を育てる「ICT高度情報学部 ICT高度情報学科」、アニメ・マンガの発展を担う人材を育てる「アニメ・マンガ学部 アニメ・マンガ学科」で構成されています。入学定員は80名(各学部共通)、総定員1,280名を計画しています。専門職大学制度の特徴となる臨地実務実習(長期企業内実習)では、事業創造分野では「新規商品開発」、国際観光学部では「ホテルでの実務」、ICT高度情報学部では「ビッグデータ解析」、アニメ・マンガ学部では「プロダクションでの制作活動」などを実施する予定です。また全ての学部でデザイン・シンキングを授業に取り入れ課題発見・解決能力とイノベーション、地方創生に貢献できる人材育成を目指します。

【参加教員アンケートより】
「普通科高校の生徒にとっては大きな選択になると感じた」
「直接、文部科学省よりお話を聞けて良かった」
「卒業後、社会で活躍できる人材を育てていただきたいです」
「とても興味がある。どう生徒に勧めるか考えている」 
「生徒にとって良い選択肢となって欲しい」 など

学校法人新潟総合学院
所在地: 新潟市中央区東堀通1-494-3

【プレスリリースに関するお問い合わせ】
担当部署: 専門職大学設置準備室
担当者名: 渡辺
TEL:: 025-365-1616
FAX: 025-365-1650


NSGグループが開志専門職大学(仮称)の設置構想utf-8NSGグループが開志専門職大学(仮称)の設置構想utf-8

記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • オーナーズ・スタイルが「入居者トラブルについて...
  • 日産、車両の軽量化に向けて「超高張力鋼板」の採...
  • 「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措...
  • フランス・ル・マン24時間レース会場において公開...
  • 日本組織内弁護士協会によれば、企業内で働く弁護...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.