国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

最高位!市民・京都市の連携でオープンガバナンス総合賞を受賞!

京都市総合企画局

最高位!市民・京都市の連携でオープンガバナンutf-8

「チャレンジ!!オープンガバナンス2017」(以下「COG2017」という。)は,自治体が地域課題(子育て・家族・教育,高齢化・介護・医療・健康,エネルギー・環境,防災・防犯,産業振興,まちづくり・交通,地域プロモーション,観光,雇用など)と関連データを提示し,それに対して市民がアイデアをまとめるプロセスと成果が審査・評価されるコンテストです。
この度,京都市が提示した自転車に関する課題に対し,市民の「京の歴史と街並みをつたえ隊」(以下「市民チーム」という。)のアイデア・活動と京都市のサポート,両者の連携が高く評価され,最高位の賞にあたる「オープンガバナンス総合賞」が市民チーム・京都市に授与されましたので,下記のとおりお知らせします。



1 COG2017の概要
(1)自治体(29都市)が市民と一緒に考えたい地域課題(48課題)と関連データ・情報・資料(以下「公開データ」という。)を併せて提示(6月~8月)
(2) 各自治体の市民は,公開データを活用し,提示された地域課題の解決に向けたアイデアをまとめて提出(9月~12月)
(3)提出されたアイデア(59件)の内容と,検討過程で市民と自治体がどれだけ連携して取り組んだかが審査(1月~2月)され,1次審査を通過した13件のアイデアの中から,東京大学で開かれる最終公開審査(3月4日)で受賞団体を決定(詳細は4ページ参照)
(4)最終公開審査の取組には,今後,審査委員会の改善アドバイス(4月予定)やフォローアップがある。

2 市民チームと本市の連携状況
(1)市民チームの中心メンバーである市民団体のCode for Kyotoや世界メッシュコード研究会が定期的に開催している例会・イベントに市職員が参加し,地域課題の発見やオープンデータの活用をテーマにした活発なコミュニケーションによる意見交換,アイデアの発案・具体化の検討
(2) 京都市オープンデータポータルサイト等でのデータ公開や周知・広報,事業者や大学,データ所管課等との協議・調整の場を設定,さらにはコーポレートフェローシップ制度により本市にNECソリューションイノベータ株式会社から派遣されたフェローの市民チームへの参画など,市職員がプラットフォームとして市民チームの取組を積極的にサポート

※詳細は添付の『リリース全文』の資料をご確認ください。



詳細はこちら

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • オーナーズ・スタイルが「入居者トラブルについて...
  • 日産、車両の軽量化に向けて「超高張力鋼板」の採...
  • 「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措...
  • フランス・ル・マン24時間レース会場において公開...
  • 日本組織内弁護士協会によれば、企業内で働く弁護...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.