国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

総理の嘘を明らかにするのが今後のポイント

2018年04月13日

 希望の党の玉木雄一郎代表は11日、衆院予算委員会での集中審議の質疑を終えての会見で、加計学園問題について「愛媛県からこれだけのもの(2015年4月2日に首相官邸で柳瀬唯夫首相秘書官と面会した時の忘備録など)が出てきているので、会議があったことは事実だと思う」としたうえで「愛媛県の真面目な職員の方がメモをとったことは100%真実でしょう」と内容が真実だろう、とした。

 そのうえで、玉木代表は「安晋三倍総理と加計学園の加計孝太郎理事長が会食し、その場で下村大臣から非常に加計学園に対して厳しいことを言われているということも含めて話題になったということは、加計学園が特区を使って獣医学部創設に乗り出したいということを、少なくとも2015年4月の時点ではわかっていたわけだ。去年の1月20日まで知らなかったという答弁は総理の完全な虚偽答弁になる」と批判した。

 玉木代表は「総理の嘘を客観的に明らかにしていくのがこれからの追求すべきポイントになる」と述べた。

 愛媛県職員の備忘録によると、柳瀬秘書官(当時)は加計案件を「首相案件」と表現し、獣医学部設置へのアドバイスと受け取れる発言をしていた。柳瀬氏は「記憶する限りでは会っていない」と面会事態を「記憶の範囲で」と逃げながらも、否定しているほか「首相案件となっているといった具体的な話をすることはあり得ない」と、こちらは完全否定している。いずれの言い分が真実なのか、国家戦略特区での加計学園決定経緯の不透明さを解明するため、国会での柳瀬氏らの証人喚問が求められる。(編集担当:森高龍二)

首相秘書官は首相了解なく官邸で客とは会わない

総理秘書官の「首相案件」発言、面会職員がメモ

加計問題「総理主導だったのでは」立憲・辻元氏

愛媛県の文書公開「国に止める権限ない」内閣府

やはり加計ありきか「首相案件」加計・獣医学部

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 人材サービスのサイコム・ブレインズが女性活躍に...
  • 日本国内の2017年度の仮想通貨の取引額は69兆円で...
  • 建築業界では3Dプリンターを主に建築模型に利用し...
  • 厚生労働省が「労働者派遣事業報告書」(2017年6月...
  • BIGLOBEが「働き方改革に関する意識調査」を実施。...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.