国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

放送の在り方、改革へ議論すべき時期と総理強調

2018年04月17日

 安倍晋三総理は政治的公平などを定めている放送法4条の改正はニュース報道の信頼性を損なうことになると懸念が指摘される中、16日の規制改革推進会議で「電波は国民共有の財産であるとともに、Society 5.0時代の重要インフラであり、時代の変化を見据えた有効活用を進めることが重要」とし「環境変化を捉えた『放送の在り方』について、改革に向けた方策を議論すべき時期にきている」と強調した。

 この日は放送を巡る規制改革が議題になった。会議資料では「技術革新で放送と通信の垣根が低くなってきている」としたうえで、放送メディアの市場規模がおおむね横ばいで経済成長率を下回っているのに対し、電気通信事業、国内動画配信事業は大幅に成長している。

 また、世界中で若者を中心にテレビ離れが進んでおり、テレビ広告費は横ばい、一方でネット広告費は伸長している。米国では2013年に地上波テレビ広告費と逆転している、などとしている。

 そのうえで「ネット配信進展のもとでの通信・放送(公共・民間放送)の枠を超えたモデルのあり方」「コンテンツ・ビジネスの競争促進とグローバル展開」などを検討し、電波の有効活用に向けた制度の在り方を探る。

 推進会議では放送法4条撤廃について明示はしていないが、今後の議論に注視が必要。推進会議は6月をめどに最終答申を取りまとめる方針だ。(編集担当:森高龍二)

放送法4条撤廃検討に批判・懸念相次ぐ

放送法4条撤廃、虚偽ニュースの危険増と総務相

国民で意見対立の問題「論点示し公平に」総務相

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 北京モーターショーで世界初公開した、中国で生産...
  • 4月25日に開幕した北京モーターショーで初公開した...
  • 4月25日に開幕した北京モーターショーでホンダが発...
  • 個人と企業との雇用について金銭だけでなく信頼関...
  • ホンダが公開した今夏登場のN-BOXから派生するコマ...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.