国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

働き方改革関連法案 与野党攻防続く

2018年05月17日

 安倍内閣が今国会の最重要案件としている働き方改革関連法案について、政府・与党は今国会での成立を図るため、今月23日にも衆院厚生労働委員会での採決を目指し、来週中に衆院を通過させる意向が流れている。

 これに野党は反発。立憲民主党の辻元清美国対委員長は16日「言語道断だ」とし「安易な審議は容認できない」と日程ありきで審議しようとする与党の姿勢を強く非難した。

 辻元国対委員長は「自民党は政府の御用聞きではない。下請け機関に成り下がるのかということを問いたい」とも述べた。

 働き方改革関連法案を巡っては厚労省の調査データにデタラメなものなど約2割に問題があったことが判明している。厚労省は1万1575事業所で2492事業所のデータを削除したことを15日に発表した。

 これを受けて野党は法案を撤回するよう求めている。一方、政府・与党は全体に影響するものではないとして、今国会で法案を成立させる方針を変えていない。一部では「高度プロフェッショナル制度」について、本人が制度適用に同意した後でも解除できる仕組みを導入する検討に厚労省が入った、と野党の理解を得るための検討に入っているとの報道もある。

 ただ、高度プロフェッショナル制度では適用対象者が年収1075万円以上の専門職で本人が制度適用に同意することとしているものの、年収ラインが制度導入後に引き下げられる可能性も否定できず(経団連は400万円以上を対象に求めていた時期もある)、こうした懸念に対しても払拭し、担保する策が求められている。(編集担当:森高龍二)

働き方改革、立民、国民も対案を国会に提出

高プロ含む働き方関連法案が審議入り

信頼をベースにした新たな働き方「アライアンス」

働き方改革関連法案、今国会成立へ意欲 菅長官

女性活躍への「無意識の偏見」、女性93%、男性85%が「存在する」

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • ディップが「無期雇用転換ルール(2018年問題)」...
  • プラネットが車に関する意識調査の結果を公表。自...
  • 世界のスマホの出荷台数が初めて前年度の実績を下...
  • アサヒビールが旺盛なウイスキー需要に対応して新...
  • トヨタのコネクティッド分野における戦略事業体で...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.