国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

対北朝鮮「日米韓緊密に連携していきたい」防相

2017年01月11日

 稲田朋美防衛大臣は10日の記者会見で、北朝鮮がICBM、大陸間弾道ミサイルの発射実験を強行する可能性を示唆していることについて、記者団の問いに答え「北朝鮮が核兵器の小型化・弾頭化の実現に至っている可能性は考えられる」としながらも「長射程の弾道ミサイルに関連する技術として、少なくとも大気圏再突入時の弾頭保護技術については、北朝鮮はこれまでのミサイル発射等について、実際に検証し得たものとは考えてはいない」と北朝鮮のミサイル技術についての現況での認識を示した。

 そのうえで稲田防衛大臣は「北朝鮮は昨年3月にICBMの弾頭部の大気圏再突入環境模擬試験の実施を公表しており、技術獲得を追求する姿勢を示していることは明らかで、防衛省として、米国、韓国とも緊密に連携しつつ、引き続き必要な情報収集等に努めていく」とした。

 また、安全保障政策において、稲田防衛大臣は「日米韓3ヶ国は、この地域の平和と安定に関して共通の利益を有しており、緊密に連携していくことが北朝鮮問題を含めた様々な安全保障上の課題に対処する上で重要と考えており、引き続き3ヶ国で緊密に連携していきたいと思っている」とした。(編集担当:森高龍二)

安全保障では日韓協力を強化したい 稲田防衛相

稲田氏の靖国参拝に「深刻な憂慮」と韓国が抗議

13日にソウルで日米韓六者会合首席代表者会合

北への日本政府の制裁強化策に韓国外交部が歓迎

対北朝鮮で日本独自の制裁強化策を発表 菅長官

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 昨今、日本だけではなく世界的にもうつ病や認知症...
  • カナダのトヨタ販売事業体Toyota Canada Inc.が、3...
  • 2016年11月実施のTDB景気動向調査の特別企画「2017...
  • MMD研究所は、インテル セキュリティと共同で、201...
  • 航空宇宙研究機構(JAXA)・宇宙科学研究所(ISAS...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.