国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

テロ等準備罪創設へ与党ら衆院法務委で強行採決

2017年05月19日

 政府・与党(自民・公明)と日本維新の会はテロ対策とかかわりがないにもかかわらず、「国際組織犯罪防止条約」(TOC条約)締結のためには国内担保法として「テロ等準備罪」(共謀罪)が必要などとし、組織犯罪処罰法改正案を19日の衆院法務委員会で強行採決。民進党や日本共産党などが抗議する中、数の力で可決した。

 このため民進党、日本共産党、自由党、社会民主党の国会対策委員長は大島理森衆院議長に対し「共謀罪法案を委員会に差し戻し審議を改めて行うよう」強く申し入れた。

 また安倍晋三総理の友人が理事長を務める学校法人加計学園の獣医学部設置に関し浮上している疑惑や学校法人森友学園への国有地売却を巡る問題などについて、安倍総理が説明責任を果たすよう、早急に予算委員会の集中審議を開くことも申し入れた。

 申し入れに対し、申し入れ後、記者団の質問に答えた民進党の山井和則国対委員長は「大島議長は『今回の法案の採決そして、本会議に上程するかどうかについては、議運の場で今後協議してもらうことになる』と回答があった」とした。

 民進党・逢坂誠二議員は強行採決が行われた直後、記者団の質問に「これが法治国家ですか。ひどい話だ。法律を所管する法務委員会で、こんなバカなことが行われていいのか」と抗議。逢坂議員は「委員会の審議に出ていない委員外の者に『審議時間は十分だ』などと言わせて、責任放棄も甚だしい。こんなばかなことを認めるわけにはいかない。今日だって大臣の答弁はぶれている。こんな状況で採決するなんて言語道断だ」と非難した。(編集担当:森高龍二)

金田法相不信任決議案、与党と維新などで否決

国務大臣の資質の欠如ぶり「憲政史上例見ない」

テロ等準備罪(共謀罪)創設へ与野党攻防激化

4度目の廃案目指すのは当たり前 共謀罪法案で

綺麗な包装紙に中身毒饅頭、安倍総理の常套手段

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 日本国内の新車販売台数(登録車)は233810台で、前...
  • NEWSYは「スマホばかり見てしまう」人はどれくらい...
  • マクロミルはマーケティング・広報・情報システム...
  • 補助金が終了した2014年度を境に、太陽光発電シス...
  • 国税庁はホームページのコンテンツ「タックスアン...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.