国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

テロ等準備罪「治安維持法だ」自由党が断言

2017年05月20日

 国際組織犯罪防止条約(TOC条約)締結に国内担保法として「テロ等準備罪」の創設が必要と訴え、自民・公明・日本維新の会が今国会での法案成立をめざし、19日、衆院法務委員会で強行採決、法案を可決した。TOC条約はテロを対象にしているものではない。むしろ、治安維持法の臭いがしそう。

 社会民主党の又市征治幹事長が19日談話発表した中で指摘するように「何が組織的犯罪集団、合意、準備行為に当たるのか。本当に一般人は捜査対象にならないのか。計画段階の捜査で恒常的な監視など人権侵害の恐れや冤罪・誤認逮捕の危険性はないのか。277の対象犯罪は適正か。国際組織犯罪防止条約(TOC条約)は本当にテロを対象としているのか。現行の法体系で本当に日本はTOC条約を締結できないのか、などの疑問は何一つ解消されていない」。

 自民党の幹事長も務めたことのある小沢一郎衆院議員が代表をつとめる自由党は党のパンフレットで「テロ等準備罪は治安維持法だ」と断言している。

 今回のテロ等準備罪に対する国会審議のやり取り、パンフレットで治安維持法創設時の警視庁の説明とダブルことを自由党は指摘、警告している。

 それによると「当初、警視庁は『治安維持法は伝家の宝刀に過ぎず、社会運動が抑圧されることはない』『純真な運動を傷つけることはない』と説明。ふたを開けてみれば、逮捕者は数十万人、拷問で虐殺、獄中死194人、獄中で病死など1503人。(治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟からの出典)。ジャーナリストや学生、労働組合や政党など、間違った政治にもの申す人々が弾圧され、モノ言えぬ社会になり戦争へ突入した」。

 「法律が成立すれば時の権力者により、その幅を拡大することは可能」と警告。「思ったことを表現できない空気読みの社会が広がる」と監視社会にすすむ危険性を喚起。少なくとも、国民の不安や疑問を払拭する担保とその説明責任を政府・与党は果たさなければならない。数で押し切る法案でないことは確かだ。(編集担当:森高龍二)

テロ等準備罪創設へ強行、民主主義の破壊と非難

テロ等準備罪創設へ与党ら衆院法務委で強行採決

金田法相不信任決議案、与党と維新などで否決

国務大臣の資質の欠如ぶり「憲政史上例見ない」

テロ等準備罪(共謀罪)創設へ与野党攻防激化

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 日本国内の新車販売台数(登録車)は233810台で、前...
  • NEWSYは「スマホばかり見てしまう」人はどれくらい...
  • マクロミルはマーケティング・広報・情報システム...
  • 補助金が終了した2014年度を境に、太陽光発電シス...
  • 国税庁はホームページのコンテンツ「タックスアン...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.