国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

戦術核配備は核武装拡散の恐れ 韓国

2017年09月11日

 韓国・聯合ニュースは米NBCテレビがホワイトハウス関係者の話として「韓国の要請があれば米政府が韓国への戦術核配備も排除していない」と報じたことを受け、韓国青瓦台(大統領府)の関係者が10日「朝鮮半島非核化に対する韓国政府の基本方針に変化はない、と述べた」と報じた。

 この韓国青瓦台関係者は「戦術核兵器を導入した場合、われわれの朝鮮半島非核化の主張の名分が失われ、北東アジア全体に核武装が拡散する恐れがある、と指摘した」としている。

 同様のことが日本においても言える。自民党の石破茂元防衛大臣は日本が国是としてきた「非核3原則(核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず)+議論もせずの4原則」を見直すべきでは、と米国の核の傘に入っている「核抑止力」の実効性を高める意味から、見直しを提起しているが、在日米軍に核兵器が配備されるような事態へ進めば、核武装拡散の恐れが同様に生じるだろう。

 石破元防衛大臣は「周辺情勢が激変した今もいまだに(非核3原則を)堅持することで平和が保たれると信じておられる方の多いことに改めて驚愕しています」ともブログに書いているが、戦術核兵器導入が核武装拡散の道につながることは否めず、非核3原則は「専守防衛・装備は必要最小限の範囲」とする憲法規定からしても、堅持しなければならない。

 小野寺五典防衛大臣は10日のNHK番組で北朝鮮が核保有国レベルになっているとの認識を示したうえで「核保有は許してはいけない。日米・日米韓の政府間でしっかり足並みをそろえてやっていく必要がある」と核の脅威払拭に連携して取り組む姿勢を強調した。(編集担当:森高龍二)

北朝鮮は核保有国レベル 小野寺防衛相認識

船舶臨検は事実上の武力行使と強く懸念 小池氏

敵基地反撃能力 保有計画ない 小野寺防衛大臣

非核3原則は堅持 小野寺防衛大臣

憲法9条を忘れるな 北の危険、対米外交の危険

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • ホンダはナイジェリアで、品質と徹底したコスト削...
  • 2017年世界ラリー選手権最終戦、ラリー・オースト...
  • 総務省は7~9月期の労働力調査速報を発表。既に公...
  • 原材料費、燃料費、運送費の値上げとまさしく「三...
  • 人口構造の変化によって、人々の生活環境に対する...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.