国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

安保法制「全く間違っていなかった」と総理

2017年09月12日

 安倍晋三総理は11日、自衛隊最高指揮官にある立場として、自衛隊高級幹部会同で「積極的平和主義の下、防衛装備移転3原則を策定し、限定的な集団的自衛権の行使を含む平和安全法制(安保法制)を制定し、新たな防衛協力ガイドラインの日米合意をした」ことなどをあげ「我が国を取り巻く安全保障環境の現実を直視するとき、これらの政策は、全く間違っていなかった。そう確信する」と訓示。

 憲法9条の解釈を変更し閣議決定の上、これに基づく安保法制を制定し、かつ、これを踏まえた日米防衛ガイドライン改定など、これらすべては「全く間違っていなかった、と確信している」と改めて強調した。

 安倍総理は「厳しさを増す我が国の安全保障環境を前に、我々は目の前の現実に真正面から向き合わねばならない」と語った。

 また「安全保障政策の根幹となるのは、自らが行う努力。自らの手で、自らを守る気概なき国を誰も守ってくれるはずがない」などと述べ「地域の平和と安定なくして、我が国の平和もあり得ない」と強調した。

 また、安倍総理は訓示の中で「北朝鮮による、我が国上空を飛び越えるミサイル発射や核実験という暴挙に、自衛隊は発射直後から落下まで、ミサイルの動きを切れ目なく完全に探知・追尾していた」と語り「(核実験においては)速やかな放射能調査により、国民の安全を確認した」と迅速な対応を評した。(編集担当:森高龍二)

船舶臨検は事実上の武力行使と強く懸念 小池氏

憲法9条を忘れるな 北の危険、対米外交の危険

石油禁輸など北制裁決議採択へ協力と日韓首脳

総理6日からロシアへ 日露、日韓首脳会談予定

北ICBM通常角度で発射に可能性、韓圧力強化

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • ホンダはナイジェリアで、品質と徹底したコスト削...
  • 2017年世界ラリー選手権最終戦、ラリー・オースト...
  • 総務省は7~9月期の労働力調査速報を発表。既に公...
  • 原材料費、燃料費、運送費の値上げとまさしく「三...
  • 人口構造の変化によって、人々の生活環境に対する...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.