国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

沖縄沖オスプレイ事故はパイロットのミスと米国

2017年09月13日

防衛省・外務省は11日、昨年12月13日に米海兵隊普天間飛行場所属MV-22オスプレイが沖縄県名護市の東海岸沖合に不時着した事故についての米国政府から日本政府に出された最終報告書を公表した。

 報告書は「事故の原因は困難な気象条件下で空中給油訓練を行った際のオスプレイのパイロットによるミス」だったと、人的要因によるものと結論付け、機体の不具合や整備不良などオスプレイの構造的要因によるものでないとしている。

 事故は空中給油時に起こったが、報告書は「オスプレイが最後にMC-130のドローグへの接続を試みた際、オスプレイのパイロットは出力を上げ過ぎたことに気付き、直ちに出力を下げたが、MC-130との正常な距離を保つことができなかった」とし「その時、MC-130のドローグが下降し、その後上昇して右方に動き、オスプレイの右のプロペラと接触した。オスプレイはMC-130から空中給油を直ちに終了し、給油機から離れるよう指示を受けた。オスプレイの搭乗員は機体の大きな振動により、バランスのとれた飛行を維持することが困難との認識であった」としている。

 日本共産党の志位和夫委員長は12日、ツイッターで「2015年には別のオスプレイが空中給油で接触事故を起こしてきたことが明らかに」と報告書から空中給油時に事故が過去にもあったことがわかったとする赤旗記事を踏まえて書き込み「構造的欠陥は明らか。オスプレイは撤去しかない」と提起している。(編集担当:森高龍二)

オスプレイ 米側は大変重要な航空機と位置付け

2017年防衛白書は「隠蔽白書」と志位委員長

MV―22オスプレイ 国内飛行認める判断

政府の隠ぺい体質ますます強く、民進党山井氏が問題視

オスプレイ事故受け、米と調整する 防衛相

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 8年ぶりにフルモデルチェンジし、新型プレミアムミ...
  • 本日ユニセフ(国連児童基金)は貧困状態にある子...
  • 1986年の男女雇用機会均等法施行以来、仕事と育児...
  • ICT総研では、動画を再生する際の品質・通信速度を...
  • テレワークにより、情報通信機器等を活用して在宅...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.