海外ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 海外ニュース

誰もが人生で一度は経験する、終末期患者の魂の痛みに迫った新刊、『こころの終末期医療』が発売

フォレスト出版株式会社

誰もが人生で一度は経験する、終末期患者の魂のutf-8

フォレスト出版株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:太田宏)は、『こころの終末期医療』(入江吉正・著)を2017年9月11日に発売しました。
著者はこれまでに脳梗塞などで3度の入院を繰り返し、その時に抱いた心の痛みについて葛藤してきました。そして、その正体を探り、脱出すべく、取材を試みました。スピリチュアルペインを乗り越えて安らかに亡くなられた方、そこから脱出できずに亡くなられた方……さらに、最期を看取る家族や医療スタッフまで、スピリチュアルペインというテーマを軸に悲喜こもごもストーリーが展開します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/137690/LL_img_137690_1.jpg
『こころの終末期医療』

◆もし、あなたが余命1年と宣告されたら……
人は死を意識した時に生じる痛みが存在します。治療後の痛みや後遺症で、今までできていたことができなくなってしまう身体的苦痛。治療費やこれからの生活に不安を抱く経済的苦痛、家族や周りの人に迷惑をかけてしまうという社会的苦痛です。
しかし、患者にとっての最も大きな痛みには、「魂の痛み=スピリチュアルペイン」というものがあります。スピリチュアルペインとは、
「死ぬことが怖くて不安でしょうがない」
「孤独でつらい」
「自分の世界が壊れたみたいで生きていることが苦しい」
「自分の生きる意味や価値がわからなくなった」
「なぜ自分だけこんなつらい苦しみを味わわなければならないのか」
「家族と二度と会えなくなると思うとつらい」
というような、心の内面にそった痛みです。

この本は、過去に3度、脳疾患の病気に襲われた老ジャーナリストの著者が、スピリチュアルペインを感じ、現在も半身不随の後遺症と闘いながら執筆を始めました。
「人はなぜスピリチュアルペインを抱くのか?」
「そして、それをどう乗り越えて生きていくのか?」
「また、どう死んでいくのか……」
自分自身も抱いたスピリチュアルペインから脱出を試みつつ、取材を通じながら、その本質に迫っていきます。
“もし、あなたが余命1年と宣告されたら……?”
誰もが人生の最期を迎えるまでに必ず抱くスピリチュアルペインに、どう立ち向かっていけばいいのでしょうか。


◆終末期患者と向き合う人たちは、彼らをどう導いていくのか?
このスピリチュアルペインについて、終末期医療の現場から聖路加国際病院のチャプレンのたちの話を聞いています。多くの終末期患者が抱いた葛藤、それをどう乗り越えていったのか、さらに現場のスタッフはどう対応していったのか、その家族についてなど、実際の話を通じてその克服法を紹介していきます。また、かつて著者が取材して出会った人たちから、スピリチュアルペインをどう乗り越えていったかもつづっていきます。

・参議院議員の三原じゅん子さん
・元横浜ベイスターズ投手の故・盛田幸妃さん
・女優の音無美紀子さん
・華道家の假屋崎省吾さん
・俳優の故・萩原流行さん
・元NHKアナウンサーの山川静夫さん
・日産GT-R開発者の水野和敏さん

あなたも人生に一度は必ず抱く魂の痛みを知るとともに、「いい人生だった」と言える生き方について考えさせられる1冊です。


【目次】
まえがき 魂の痛みに立ち向かう旅へ
第一章 死に直面して初めて気づく魂の痛み
第二章 なぜ人はスピリチュアルペインという痛みを抱くのか?
第三章 スピリチュアルケアに向けての旅
第四章 スピリチュアルケアの現場から心の救いを見つける
第五章 心の安寧と幸福を求めて
あとがき 旅の終わりに


【著者プロフィール】
入江吉正(いりえ・よしまさ)
1952年佐賀県生まれ。早稲田大学政治経済学部中退。貿易商社勤務ののち、雑誌編集者に。『月刊文藝春秋』(文藝春秋)、『週刊ポスト』の記者を経て、現在フリージャーナリスト。『月刊文藝春秋』記者時代、同誌2000年12月号で「『バスジャック少年』両親の手記」を発表し、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞スクープ賞」を受賞。
2度の脳疾患で死の瀬戸際に立たされ、さらに3度目の脳梗塞により半身麻痺を患い、現在も療養しながら精力的に取材・執筆活動を続けている。
著書に『死への扉~東海大安楽死殺人』(新潮社)、『早期発見~「シグナル」を見逃すな!』『お医者さんが教える気になる病気のサイン』(以上、大空出版)、『ある日、わが子がモンスターになっていた~西鉄バスジャック犯の真相』(ベストブック)、『漂流する国ニッポン~3・11大震災・福島原発事故で見えた“誰も責任を取らない国”の実相』(フォレスト出版)などがある。


■書籍概要
書名 : こころの終末期医療
著者 : 入江吉正
ページ数: 276ページ
価格 : 972円(税込)
出版社 : フォレスト出版株式会社
ISBN : 978-4-89451-973-2
発売日 : 2017年9月11日
URL : http://www.2545.jp/bookPage/125.html


■会社概要
商号 : フォレスト出版株式会社
所在地 : 〒162-0824 東京都新宿区揚場町2-18 白宝ビル5F
設立年月日: 1996年4月1日
代表取締役: 太田 宏
業務内容 : 出版物の企画・制作及び販売
URL : http://www.forestpub.co.jp/


詳細はこちら

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 総務省とよると、決定額で最も多い自民党は176...
  • 「いい夫婦の日」には各地で夫婦向けのイベントが...
  • ホンダはナイジェリアで、品質と徹底したコスト削...
  • 2017年世界ラリー選手権最終戦、ラリー・オースト...
  • 総務省は7~9月期の労働力調査速報を発表。既に公...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.